2014.7.19

『歩いていこう旧中山道五十六次』の続編で長野県へやって来た

中山道五拾六次で二大難所と言われる碓氷峠越えは、6/14に攻略済み、残すは最大の難所和田峠だけ

だった。(本当かな他にも難所が沢山あるのでは)

いままでに日本橋→深谷宿、横川駅→岩村田宿と御嶽宿→草津宿と虫食い状態だが攻略済み。

これらは戦略的で合ってやむを得ないところだ

そして今回3連休を使い 岩村田宿から長久保宿(宿泊)翌日、難所和田峠越えを果たし下諏訪宿(泊)

21日に贄川宿を目指す予定

ただし和田峠に関しては公共交通機関が全く存在しない。いつものようにその日歩き終えたら電車で車

まで戻る行動パターンが出来ない。

そんなことからイレギュラープランとなった

19日 岩村田駅近くに車を駐める→和田宿→唐沢地区まで歩く⇒町内循環バス⇒長久保宿に戻り宿泊

20日 長久保宿⇒町内循環バス⇒唐沢地区→和田峠→下諏訪宿→下諏訪駅⇒小淵沢駅⇒岩村田駅

    ⇒自家用車⇒下諏訪宿(泊)

21日 下諏訪宿→贄川宿→贄川駅⇒下諏訪駅⇒帰路

上記の日程を是非遂行したい

DSCF6935
8:00  無事望月宿本陣跡を通過できた。

本陣の斜めにある鷹野家脇本陣跡は、出梁に木鼻彫刻が印象的だ。




BlogPaint8:01  真山家住宅 ここにも木鼻彫刻が施されていた、ここは望月宿最古の

旅籠でもあった。木鼻とは、赤矢印のところ。 木鼻とは「木の先端」という意

味の「木端(きばな)」が転じて「木鼻」に書き換えられたものです。

頭貫などの水平材(横木)が柱から突き出した部分に施された彫刻などの

装飾をいいます。


DSCF6937
望月宿の玄関には 木製の馬が飾られ背の部分にはプランターが乗せられ

綺麗な花が植えられていた

「望月の駒」を表しているのだろう今にも颯爽と闊歩していきそうだ


BlogPaint
8:09 地図  望月宿も通り過ぎ住宅の脇の道を上がって行くみたいだが

えらく勾配がきつい道だ



BlogPaint
どうやら開発の手から完全に逃れた旧中山道だった。と言うことは

この先・・・難所があるのかな。聞いてないぞ

やっぱり出会した、難所ほどではないが、小難所ぐらいの山越え道が待っていた


BlogPaint
8:15 小山越えが終えたら隧道だ。これはR142号線が上を通っている。

一瞬だがこの中は涼しい キモチイイ  地図



DSCF6941
8:28 間の宿茂田井宿入り口に差し掛かろうとしていた

地図

茂田井宿(もたいしゅく) 長野県佐久市、中山道の望月宿と芦田宿の間にある間の宿である。今でも国道より外れて古い土蔵などがならぶ昔の面影が色濃く残る宿場である。

武重本家酒造と大澤酒造という二つの蔵元がある。大澤酒造は茂田井村の名主を代々勤めた家柄で、1689年(元禄2年)より酒造を始めた。しなの山林美術館(大澤邦雄、神津港人の絵画を展示)、民俗資料館(小諸藩より拝領した甲冑などを展示)を併設している。

武重本家酒造の裏に映画「たそがれ清兵衛」のオープンセットが作られ、撮影が行われた。


DSCF6943
8:36  武重本家酒造  地図

宿場内に入ると白壁の先に杉球が掲げてあった。これ見て解らない人はいない

だろう。そうここは、明治元年(1868)創業の酒造元


DSCF6944
まだ朝早いためか土曜日もお休みなのかは解らないが、誰も居なかったため

僅かの時間だけ邪魔した

館内には以前使われていた小道具、大道具が展示してあった


DSCF6945
H・Pを見れば相当にお酒にこだわった酒蔵のようです

伝統的製法である生もと造りが特徴。同社の建築物数軒は登録有形文化財

となっている。中山道の古い姿を代表する風景として杉玉
(酒林)の飾ってある


DSCF6946門の正面写真や坂の上から門の方向へ屏を撮った写真がよく使われる。

映画「サマーウォーズ」(2009年、細田守監督、武重洋二美術監督)の舞台で

ある陣内家のモデルになった。


映画が村にやって来た

長野県、旧中仙道望月宿と芦田宿の間「茂田井(もたい)」という、昔の街道沿いの佇まいを残しながらも、街並み保存をするわけでもない、ある意味で極めて日本的な集落のはずれ、田畑の真中に、ある日突然?映画のオープンセットが建設されました。松竹映画「たそがれ清兵衛」のオープンセットです。
セットの全景(裏から。右端の建物が武重酒造の建物の一部)2002.2.27撮影
セットの全景(裏から。右端の建物が武重酒造の一部)2002.2.27撮影
大きなロケといえば、30年以上も前に「三匹の侍(長門勇ほか)」、20年も前に「姿三四郎(三浦友和ほか)」があったくらいで、オープンセットができたということは、我々地元の人間にとっては(たぶん)一生に数度しかない大イベントです。せっかくですから、記録に残すべくWebコンテンツを作成する事にしました。茂田井ロケを様々な点から記録に残したいと思っておりますが、更新は遅々として進まないと予想されます。気長にお付き合いください。
オープンセット(清兵衛の家)2002.2.27撮影オープンセット(清兵衛の家)2002.2.27撮影
オープンセット(清兵衛の家)
2002.2.27撮影
オープンセット(清兵衛の家)
2002.2.27撮影

現在は更地になっております


DSCF6942
マンホール蓋考察

茂田井宿中心部に市町村境が通っている。これは立科町の作品

構図上部の山は蓼科山、右側に町の花スズランの花、左側に葉を配置、木は

                町の木シラカバ。

DSCF6947
街道を歩いて気になることがあった。街道脇を流れる小川がやけに白濁した色

に濁っている。それは汚れているが為に濁っている色ではない。硫黄泉によく見

られるあの色なのだ。もしかして、暖かい筈もないが試さずにはいられなく手を差

し入れたが、やっぱり冷たく・・・当たり前か

でもね冷泉って事もあるし・・・しかし残念ながら宿場民は誰ひとりで歩いていなかった

DSCF6948
8:39  もう一軒の酒蔵 大沢酒造さん

ここも中に入ったが誰も居ないためざっくり拝見しただけで去ってしまった




DSCF6949DSCF6950
白壁の土蔵が異次元の世界にタイムスリップしたか

と思わせる街並みにふむふむがまた出てしまった




DSCF6951
茂田井宿を歩いていると玄関軒下にこのような紙が張ってある家が多い

コオロギの擬人化したような形だ 魔除けなのかな

すると偶然遭遇した宿場民に尋ねることが出来たが 詳しいことは教えてくれない


DSCF6952察するに 明治に起きた大火の教訓から始まった防火の守り神?かな

ちょっと腑に落ちないが歩を進めていると古民家がリフォームしていた

ちょっとお邪魔して見学させてもらう



DSCF6954
民家再生と掲げてあるがこれは古民家再生だ

大きな柱に梁の姿に驚くばかり 拙者にも小さいながら一国一城の主だが、

柱の太さが違う


DSCF6953
近くに家主の方が居られ話を聞けた

この家は築110年。今回のリフォームは2世帯住宅に改装する・・・と

話はここまでで終わってしまった


DSCF6955
きっと息子さんにお嫁さんが来たのかなまたは赤ちゃんが生まれたのかな

どっちにしろお幸せに!通行人にお話を頂きありがとうございました




DSCF6956
今日の天気は 曇り 気温は25℃前後と思われる

日差しを遮る厚い雲に覆われ快調に歩を進めることができ、今のところ

雨の気配も感じられない


DSCF6957DSCF6958
9:09  芦田宿入り口に差し掛かろうとしていた

地図




DSCF6959
その傍らに夫婦道祖神があった

仲睦まじくこちらも微笑んでしまう姿に“一時の休息をしなさい”と暗示してい

る気になった


DSCF6960
休息と思っていたら変な物があった

矛と盾を持った夫人だ 何でここにあるの?????

2012.6月地図にはまだ設置されていなかった


DSCF6961
気を休めたのか気を揉めたのか解らない時を過ごした

街道にはコスモスが沢山植えられていた。秋風が吹く頃には旧街道はコスモス

街道になっていことだろう


DSCF6962
9:18  ふるさと交流館芦田宿に着いた

実は今日は腹が緩い。朝食に乳酸菌飲料ピルクル500mlを飲んだのが効いた

素通りしたがトイレ恋しさに舞い戻ってきた経緯があった


DSCF6963
9:19  地図  芦田宿本陣に到着

日本橋から数えて26番目の宿場

代々本陣を引き継いできたのは土屋家である。


DSCF6964なんでも中山道が整備される前から宿場が出来上がっており、この時から270

余年代々引き継がれてきた。





DSCF6966DSCF6965門を潜った左手に寛政12年に建て替えられた本陣

客殿が今も現存し
、皇女和宮もここで昼食ご休憩を

取られたそうだから凄い。



DSCF6967
この施設は公開しているとは書いてないので非公開らしいのが残念