2014.7.19

『歩いていこう旧中山道五十六次』の続編で長野県へやって来た

中山道五拾六次で二大難所と言われる碓氷峠越えは、6/14に攻略済み、残すは最大の難所和田峠だけ

だった。(本当かな他にも難所が沢山あるのでは)

いままでに日本橋→深谷宿、横川駅→岩村田宿と御嶽宿→草津宿と虫食い状態だが攻略済み。

これらは戦略的で合ってやむを得ないところだ

そして今回3連休を使い 岩村田宿から長久保宿(宿泊)翌日、難所和田峠越えを果たし下諏訪宿(泊)

21日に贄川宿を目指す予定

ただし和田峠に関しては公共交通機関が全く存在しない。いつものようにその日歩き終えたら電車で車

まで戻る行動パターンが出来ない。

そんなことからイレギュラープランとなった

19日 岩村田駅近くに車を駐める→和田宿→唐沢地区まで歩く⇒町内循環バス⇒長久保宿に戻り宿泊

20日 長久保宿⇒町内循環バス⇒唐沢地区→和田峠→下諏訪宿→下諏訪駅⇒小淵沢駅⇒岩村田駅

    ⇒自家用車⇒下諏訪宿(泊)

21日 下諏訪宿→贄川宿→贄川駅⇒下諏訪駅⇒帰路

上記の日程を是非遂行したい

DSCF6914
無事八幡宿本陣前を通過した。

残念ながら古民家がほとんど残って居無いにもかかわらず宿場としてはやや

鄙びた感が見受けられるところが残念だ


DSCF6915
主要道路として街が壊されるのも嫌だが、反対に交通の便が悪いために

衰退していくのはもっと辛い。これだけ古民家がないと宿場のイメージも保て

ない。どうすれば人が集まり お金を落として行ってくれるかだが皆目見当も

着かない。何か活性案はないものか  ん~~~駄目だ拙者の頭では考えも及ばないが、こんなのはど

うかな

・中山道五拾六次のスタンプラリー 宿場ごとに凝らしたゴム印を造り名所旧跡に設置し巡ってもらう


BlogPaint
7:03  地図  一度はR142号に飲み込まれたが百沢東交差点で再び本来の

旧道に戻る。横断歩道を渡り車止めの柵を回り込み旧道に足を踏み入れる



DSCF6917
車止めが施された旧中山道は舗装こそされているが 往時の面影漂う

道となっていた




DSCF6918
マンホール蓋考察

旧望月町時代のマンホール。現在は佐久市。

馬の図案化は、この近くに御牧原(みまきがはら)という朝廷直轄の牧場があった

ことに所以。周りの花は、リンゴの花、これはリンゴの産地を表している。

DSCF6919
百沢(ももさわ)集落は小さいながら趣ある佇まいを随所に残し「ふむ、ふむ、

ふむ」と首を縦に振りながらの散策となった

すると街外れにこんな道祖神が建っていた

この辺では誠に珍しい「祝言道祖神」があり、解説によるば安曇地方では、よく見受けられる道祖神で、

貴族の男女が酒を酌み交わすという祝言像。きっと旨い酒飲んでいるのかな

酔った勢いで口説いているんじゃないかな。鼻の下が妙に伸びているし・・・

駄目だ だんだん変なこと想像してきた。次行こう 7:07  地図


DSCF6920
国道に路線バスが通じているではないか。それも有名な千曲バス。

ここは百沢バス停 佐久平駅行き

もしかしたらこのバス会社なら下諏訪まで行けるかも知れないという淡い期待

を抱いた。だがここでは反対車線のバス停を確認はしなかった。

訳はそのうちまたバス停はあるはずとここは車速が早く渡るのに危険だった。

DSCF6921
7:14  地図  ここで国道と別れ瓜生坂に入っていく。坂を登り切ればまもなく

望月宿が見えてくるが、何とも薄気味悪い坂だ。鬱蒼とした木立の中を進む




DSCF6922
7:25 ここは坂を抜け民家が見える地点

途中に一里塚があったが、目もくれず歩き去ってきた




DSCF6923
すると街道脇で農作業されているご婦人に思い切って声を掛けてみた。

今まで歩いてきた際何度も見かける見慣れぬ作物?

これなんですか? 


DSCF6924“ああこれね 黄ズッキーニよ”

ズッキーニはよく聞く名前だが畑で見るのは初めてだった

“細かく切ってバターで炒めると美味しいのよ。一つ持って行く?”

いいえお言葉だけで結構です

DSCF6927“それならキュウリあげるね これなら歩きながら食べられるもんね”

“街道を歩いている人に度々差し上げると喜ぶの・・・”

の話だと今まで沢山の方が労をねぎらってもらっていたんだ

感謝だね

それにしてももぎたてキュウリ食べたの初めてだ。

かむとパリッと身が裂けるんだ そしてカリカリ音が煩いくらい口の中で響きわたる

これは何よりのご馳走だね

DSCF6925
旧道歩いているんでしょ それならここまで来たら行きすぎよ

瓜生坂の石碑脇から下へ降りる道が旧道よ

昨日の夕立で滑りやすいから気をつけるのよ


BlogPaintBlogPaint
これこそ中山道源道だ





DSCF6928
7:33 一気に山を下りていく

視界には望月の家並みがしっかり飛び込んできた

もう少しだが下り坂は足が痛い


DSCF6929
7:38 地図  大きな広場に着いたと思ったらバスターミナルだ

先ほどの千曲バスもここに着くんだと思ったらこの先バスの接続がないと

知り肩を落とした。


DSCF6931DSCF6930
本気で下諏訪まで繋がっていれば車まで帰ったんだぞ

『榊祭り』信州の奇祭???

奇祭と言えば御柱祭りだろ

ほんと信州って奇祭が多いな

ところで榊祭りって何信州の奇祭「榊祭り」

日時 8月15日

暑さみなぎる真夏の夜、数百人の若者が松明を手に山から駆け下り、その炎を次々に鹿曲川へと投げ込みます。
 さらに、榊の神輿を激しく地面に叩き付け、 水を掛け合い、深夜にまでわたって執り行われる榊祭り。
 火と榊によって一切の不浄を払い浄め、五穀豊穣や無病息災を祈る、荒々しくも幻想的な火祭りです。
オープニングセレモニー、子ども神輿、横笛、船引き、 望月高校ブラスバンド、松明望月太鼓、花火、民謡流し、榊神輿、獅子舞ほか

DSCF6932
7:54  地図  井出野屋旅館さん

思わずシャッターを押したくなる佇まいに感銘を受けた

なになに この宿は、映画「犬神家の一族」のロケが行われた宿なんだ。

ここの“女中”として登場していたのが坂口良子で、石坂浩二扮する金田一耕介が宿泊滞在した、鄙び

た宿「那須ホテル」として撮影されました。

こうなるとまた別の視点で犬神家の一族見たくなるな

DSCF6933
7:56  民俗資料館





DSCF6934
望月宿本陣跡に到着 7:57  地図

日本橋から数えて25番目の宿場

本陣は現在小児科医院となっており代々大森家が守っている。