2014.6.28

今年の梅雨はほぼ毎日雨が降る珍しい梅雨です


そんな訳で この週末も雨のマークが出ているため 『歩いていこう旧中山道

五十六次』は、小休止


雨だからこそ行っておきたいところがあった


中山道熊谷宿から深谷宿に向かって徘徊していると 地元百貨店『八木橋百

貨店』があります


旧中山道は、本来この八木橋百貨店の敷地の中を通っていましたが、110年

前にこの百貨店が作られたために分断されてしまいました


5/25に徘徊した際の通過時間は 4時半頃でもちろんこの時間では百貨店は

開店して居らず店内風景を目にすることは出来なかった


だからこそ この百貨店に来る日を伺っていたら運良くだか?運悪くと言いた

いが雨の週末が巡ってきた


DSCF6857
天気予報の通り 小雨が降りしきる熊谷の町だった

地図



DSCF6858
館外では 7/20から始まる『熊谷うちわ祭り』の提灯の

飾り付けが行われていた

関東一の祇園」と称される。 山車6台・屋台6台が、賑

やかな熊谷囃子
を鳴らしながら市街地を練り歩く巡行を中心とした祭り

                愛宕八坂神社の例大祭である
DSCF6859
早速 店内に潜入

1階 店内は、旧中山道が通っていただろうと思わせる

位置に通路が設けてあるのが粋な計らいだった


中山道 店舗の内外に中山道の石碑、石原には秩父道しるべなど、多くの

石碑やその当時の歴史を伝える物が残っている。

現在の店舗は旧中山道を遮断する形で建設されているため、1階には、旧

中山道の位置に幅を広めに取った店内通路が設置されている、それぞれ

の端には出入口も設置されているため、営業時間内であれば、迂回せず

に旧中山道を辿ることが可能である。

DSCF6860
店内の柱5本?だったかな 中山道の文字が掲げられていた

確かにデパートの1階は、一番華やかな売り場で化粧品

などで大半を占めるがここは熊谷 一層のこと中山道色

を出した装飾で化粧品販売を行うのも面白いと思う。

近くに大型スーパーが出展しても業績があまり響かない八木橋百貨店だからこ

そもっと地元色を打ち出し 地元に愛され続ける百貨店になれると思う

DSCF6861
建物建設で分断された旧中山道を今こうして歩き通すことが出来た

わずか1分にも満たない時間だけど貴重な時間でもあった



DSCF6862
以前小雨が降りしきる今日は 気温22℃とやや梅雨寒。暑

いぞ熊谷のモニュメントが寂しそうだった



DSCF6863
今日が雨降りでも気温が高かったならば寄りたいところがあった

かき氷の人気店『慈げん』だが、気温22℃ではどうしても食

べたい雰囲気では無かったがそれでも八木橋百貨店から

至近距離だったため立ち寄ってみたら行列が今日も出来ていたのには驚いた


★★★★★★★★★★★★★

以前秘密のケンミンSHOWで放映された店が隣町の太田市にあるためそこに

寄ってから帰ることにした

なすの蒲焼き