2014.6.8

『歩いていこう旧中仙道五十六次』高速道路料金が来月から割引率が少なくなるため今のうちに

遠方の宿場間を歩いている

前回 武佐宿から草津宿まで歩いているが 今回は昨日赤坂宿から高宮宿、そして今日は高宮宿から

武佐宿までを午前中に歩こうと決めていた

今日は日曜日 そうなればスケジュールはいつもと同じ

午前中のみ旧街道を徘徊しその後帰路に着く予定

DSCF6411
今朝もいつものように早朝からの徘徊だった

4:59



DSCF6416
無賃橋  5:07  地図

むちん橋・・・説明文読む間の第一印象は、沈下橋だと思っていた

増水の際に川の中に沈む橋・・・だがそれは違っていた

DSCF6417犬上川に架かる橋は無賃橋。 彦根藩は、増水時の川止め解消のため地元

の富豪に橋を架けることを命じ、橋を架けたのだがこの橋は当時としては珍

しく渡り賃不要であったことから「無賃橋」と呼ばれるようになった。

でも 橋を渡るのに、川越え、宿場の宿泊飲食代等にお金が掛かる当時 一

DSCF6418体参勤交代だけでは無いが お伊勢参りなどにいくらの資金が必要だったの

だろう。所詮は金持ちだけの話には違いないのだが


ひこにゃんだ ゆるキャラブームの火付け役

DSCF6419
まもなく彦根市を終え愛荘町へ入り 愛知川(えちがわ)宿へ





DSCF6420
彦根市西側にある 「おいでやす」のモニュメント像

地図  5:32



DSCF6421
松並木が続いたが今度はケヤキ並木が続く





DSCF6422
若松の植樹され往年の中山道姿復活への取り組みに感謝





DSCF6424DSCF6423
マンホール蓋考察

江州音頭発祥の地からのデザイン




DSCF6426
石畑宿(間の宿)  6:02  地図

すぐ脇には一里塚の碑もあるが痕跡類は何も残ってなかった



DSCF6427
あれけいおん!が何故あるの?

2009年(平成21年)春頃より、深夜アニメ『けいおん!』にて主人公たちが通う

架空の高等学校校舎が豊郷小学校旧校舎と酷似しており、モデルと認知され

ていることから、いわゆる「聖地巡礼」としてファンが訪れている。また、地元商工会も町おこしを目的と

して同年6月に「けいおんでまちおこし実行委員
会」を設け、旧校舎内にて「けいおん!カフェ」の開業や、
255px-Toyosato_Elementary_School-20091017
ライブの開催を実行している

これが旧校舎

旧校舎内ではファンが持ち寄って寄贈した「けいおん!」関連のグッズや楽器が

DSCF6428多数展示されている・・・機会を見付けて訪問してみよう






DSCF6429DSCF6430DSCF6434






DSCF6431
街道際に金田池なる井戸があった。「以前、この近くに金田池と称する湧水が

あり、中山道を旅する人達の喉をうるおしてきたが、近年枯れてしまった為こ

の地に形のみを再現した」とか。

DSCF6432
造り酒屋かなこの煙突は?

西沢藤平商店という酒蔵だった

調べたが知らない銘柄ばかりだった

DSCF6435DSCF6433
江州音頭発祥の地は先ほど知ったがどんな踊り

江州音頭動画



DSCF6436






DSCF6437
マンホール蓋考察

調べたが解らなかった



DSCF6439
旧愛知川町当時の物

愛知川、宇曽川、安壺川、新愛知川、不飲川の5川と 花火をデザインしたもの

ノンカラー版

 DSCF6440

町の木・モミジと瓶の中にてまりが入った伝統工芸の「びん細工てまり」の

デザイン。

マンホールの状態があまりよくないが強度には問題ないだろう

DSCF6438
6:32 愛知川宿まで2.1kmと表記。7時頃に付く目安だ





DSCF6441
6:48  地図

旧中山道は右に進む



DSCF6442
某新聞販売店脇に掲げてあった瓦版  地図

当時はこのように情報を伝えていたのかな



DSCF6443
6:54  地図

いよいよ愛知川宿だ



DSCF6444DSCF6445DSCF6446
愛知川宿を紹介する広場

地図



DSCF6447
7:03

愛知川宿本陣跡に到着

日本橋から数えて65番目の宿場