2014.3.15

『にいがた酒の陣2014』が本来の目的地であったが行く道すがら 温泉に立ち寄ることを考えていた

まずは群馬県にある四万温泉です

ここには本来4つの寸志の湯があるが1箇所が閉鎖中だった

閉鎖中の湯は川沿いにある混浴の湯 山口露天風呂

以前の入浴記

今回も前を念のため通ってみたがゲートが閉鎖中であった

DSCF5455
本日一湯目の湯は 河原の湯 に決めた  地図

湯は“四万もの病に効く”といわれるものの無色透明の湯にはあんまり貴重さは

感じられなかった。

では何故ここへ来たかと言えば 予算に余裕があれば積善館の元禄の湯を見せたかったし入浴したかった

だが今回は見送ってしまった

それともう一つ 温泉街ならではのスマートボールが存在していた『柳屋』さんにて1ゲームをこなそうとしたが

時刻は10時ととてもそんな気分になれなかったらしく会長は乗ってこなかった
DSCF5456
そこで先ほどの河原の湯へ入浴のみすることにした

温泉には誰も居ず 二人だけの湯となったが

湯船の湯温は劇熱となっていた

DSCF5457
源泉温度は約62℃でその湯が絶え間なく湯船の注がれており

加水無しでは入浴することもままならなかった

会長のための充分に加水し入浴を済ませた

本来温泉成分が薄くなるため加水は好きでは無いがこの湯温では致し方しょうが無かった

DSCF5458
マンホール蓋考察

四万温泉は中之条町にありその蓋には町の花ヤマユリと町の鳥ウグイスが

描かれていた


次は目に効能があるという貝掛温泉へ向かうことにした