2013.08.17

8/14から 4泊5日で今年4回目の台湾旅行も4日目の朝が明け始めていた

今日は 台南地域にある野渓温泉 多納温泉へ向かう計画のため朝食付き宿だったが朝食も取らず出発した

ナビで一発検索OK 迷わずに現地近くまで到着
DSCF3267
山岳地帯に入るには入山料を払う必要がある

その検問所。だが誰も居ないと言うより 現在はそんな徴収制度無くなったらしい



DSCF3255
道路沿いに立っていたルカイ族のモニュメント

さすがに今はこんな格好はしていないよ



DSCF3266
ここからが多納部落だ

通りから左折すると多納部落、直進が多納温泉。

ここからは舗装こそしているが車一台程度の細道が続く

DSCF3259
すると売店らしき廃墟が現れた。ここが多納温泉だ。温泉には更衣室や売店があ

るって書いてあった。この画像は来た道を振り返ったところ

地図

DSCF3258
後ろに見てる屋根が売店。そこから100m程進むと景色が一変した

すぐ脇に電柱があるが 1/3が土砂に埋まっていた。ここで初めて大水害がここで

も発生し野渓温泉類は木っ端微塵に破壊されてしまったらしい

DSCF3257
それでも どこかに残骸の欠片でも残っていないものかと川までやってくると

対岸の岩が変色している。これってもしかしたら温泉成分による岩の変色かな?

でも この濁流の川に足を入れることは出来なかった

濁流のため深さが検討付かず 万が一を考えると賢明な判断だと思う

更にあたりを見渡したが 大水害の爪痕だけが残り何もかも流され瓦礫だけが河原に残されていた



DSCF3262
ここまで来たのだから ルカイ部落を見学していくことにした

ここはメインストリートと思うが ものすごく小さな部落

30軒ほどの家が建っていた

DSCF3261
部落のコミュニティーセンター





DSCF3260
最奥まで行くとこんな看板が立っていた

『多納温泉災害復興中につき立ち入り禁止』 こんな意味だとおもう



DSCF3263
ここでもう一度 『野渓温泉』で検索すると こんな温泉がヒットした

すると次に行こうと考えていた『秀巒野渓温泉 198km』が載ってきた

残念だがここを諦めて次に向かうことにした

それにしても 台湾の野渓温泉は 大所 水害やその他の災害で壊滅的ダメージを受けて

もはや再起不能状態だった

文山温泉  崖崩れで使用不能

春陽温泉  水害

多納温泉 水害

秀巒野渓温泉

八煙野渓温泉