2013.08.16

8/14から 4泊5日で今年4回目の台湾旅行も3日目も終わろうとしていた

今夜の宿営地 台湾南部の都市高雄にある カプセル擬きホテルシングルインにチェキンも済ませ

外へ晩餐へと出掛けた

宿フロントで“日本料理屋近くにあるか”の問いに 「No」だった

ここ高雄にも有名な六合夜市があり行き方を教わったが 多分口に合う料理は無いと判断 宿近所を適当に

徘徊してみた
DSCF3237
時はちょうど帰宅時間だったのだろう ものすごい数のオートバイが家路を急いでいた

この数分前に宿に着いていたのでこの状況でレンタカー運転は相当な気を遣うため

運良く避けられて一安心だった

DSCF3239
【持ち帰ります】と大きな文字が目に飛び込んできた。

日本料理屋だ それも寿司屋のようだ

絶対ここで食事しようと決め込んで横断歩道を渡ってやってきた

DSCF3250DSCF3240
店入り口に設置してあるメニュー表を見て 今晩は絶対ここで寿司と日本酒も飲む

と決め込んで店内へ“いらっしゃいませ”と元気な声が飛び込んできた

DSCF3241
春不老壽司
地址: 雄市新興區中山一路245號 
電話: 07-2868537 
營業時間: 11:30~14:00 17:00~21:00 


DSCF3242
たまにはちらし寿司でも食べようと注文したら スプーンが出てきた

おい 寿司をスプーンで食べるのかよ



DSCF3243
店内は約半分の席が埋まっていた

客は拙者以外台湾人のようだった

お店の関係者にも日本人は誰もいなかった

DSCF3244
三色散寿司 260元 (千円)

マグロ、いくら、ウニの三色丼だがほとんどがマグロの剥き身だった

味は日本の物と変わらず美味しくいただけた。山葵も普通の辛い山葵だった

DSCF3245
この料理には冷やし甘味が付いてきた

口にするまでは不気味な色に不穏な空気を感じていたくらいだった



DSCF3246
味は 冷やしぜんざい?と言ったところかな

不味くは無いが好き好んでオーダーは決してしない代物でもあった



DSCF3247
香物(漬け物)

意外や意外美味しかった



DSCF3248
北海道産ホタテ

やっぱり北海道産は旨いね そして日本酒がこれにはよく合う



DSCF3249
イラストのような品が出てくると思ってオーダーしたら

上記の貝柱の刺身一つだった

150元 (550円)はちょっと高すぎるだろ

DSCF3253DSCF3251
台湾料理にうんざりしていて日中はコンビニ弁当ばかり

だからこそ今晩の寿司はとても感慨が深い晩飯となった



DSCF3252
ここはホテル近くにあった料理屋さん

バイキング方式のお店で好きな分を取り皿に取り最後に会計。

この料理なら食べられそうだったが 拙者は腹一杯だった