2013.6.22

先日テレビ(テレ東 YOUは何しに日本へ)を見ていたら 大阪から東京まで歩きに来た青年の行動がO・Aされた

それだけならこんな考えに至らなかったが 6/15箱根に出かけた際 『箱根には旧東海道が通っていて 杉並木や、石畳など風情がある』記憶が蘇った

そうだ 『旧東海道53次』を自分の足で歩いてみたくなったが果たして京都までの長い道のり本当に完歩出来

るのか不安はつきない

それならまず 日本橋からまず歩けるところまで歩いてみようで実施日となった

拙者の住む下総の国を出て 武蔵国にある日本橋を起点として品川宿そして川崎宿、神奈川宿へ歩を進めてきた

ここまで順調に距離を刻んできたペースが祟って右足に痛みが現れた

まだまだリタイヤするほどのアクシデントではないので次の宿程ヶ谷(現在は保土ヶ谷)宿まで進むことにした

DSCF2275
すると京急神奈川駅上の交差点 青木橋  地図

そうか万が一程ヶ谷宿までたどり着けなくてもほぼ鉄道と並行して走る旧東海道は

痛み保険加入しながらの行脚そのものだった

DSCF2276
この交差点上は国道1号線が通過しており日本橋まで31kmの標識が掲げられていた





DSCF2277
交差点を左折後すぐに右折するのが旧東海道。すると恐るべし光景が目に飛び込んできた。

上り坂か!確かに日本橋からここまでほぼ高低差は川越の六郷橋と鶴見川橋以外ほぼ平坦だった。このときここ横浜は意外にも山が迫り丘陵の中に街が出来ていた

DSCF2278
13;40

こんな標識始めてみた

やっと旧東海道にハイキングコースなるコースが紹介されていた

現代の日本では旧東海道なんて誰も見向きもしない街道となってしまったのかと思った

特に繁華街の銀座や大きく拡幅された道路に至ってはその面影は無くてもせめてここが旧東海道だった札ぐらい示してほしかった。

いやそれより 旧東海道を示す道順案内札がほしい限りだ
DSCF2279
ここで初めて街道脇に果実の木を見つけた びわの木だが生育状態は決していい物では無かった  地図

昔は街道筋にお店はほとんど無く旅人の空腹や喉の渇きを癒やすためたくさんの果物の木を植えられていたが今回ここまで見かけることは無く思わず写真を撮ってしまった

DSCF2280
南区を貫く旧街道は主要国道から外れ交通量も少ない道だった

だがそういった道にこそ旧東海道の標識が必ずや掲げられていた



DSCF2281
浅間神社  地図

13:55  足がそろそろ厳しくなってきた

歩いているうちはまだいいが しばし休憩と腰を下ろしてから立ち上がろうとする際
やっとの思いで立ち上がる程疲労が蓄積していた
DSCF2282
ここで旧東海道に勝手の賑わいを思い出させる人だかりが出来ていた

ここは旧東海道に面した松原商店街  地図  14:08

この日はホコ天となっていてたくさんの買い物客で賑わっていた

DSCF2283
相鉄天王町駅付近

この辺には旧東海道の遺跡がたくさんあったがとてもとても寄り道できる状態の足では無かった

今回の最終目的地 JR保土ヶ谷駅まで800m この距離は実際の倍に感じた長さだっDSCF2284

今回足試しとして初めて旧東海道を歩いたが日頃の運動不足が祟った結果となった

足の痛くなった神奈川宿でリタイヤすれば現在のこの苦痛は無かった

でもここまで歩けた自分になぜか誇らしげもあった
DSCF2285
14:34 駅に着いたからこその安堵感から足は悲鳴を上げていた

階段の上り下りからくる足への激痛は家に帰ってから更にひどくなっていた

8時間半かけてここまで歩いたが帰宅途中に再度出発地点駅の日本橋を通過したがわずか52分間だった

一体あの8時間半は何を意味するところなのだろう

でも心は決まった やっぱり京都まで行こう

次回は足の回復具合を見ながら絶対三条大橋まで歩いてみせるぞ