2013.5.3

GWを利用して3度目の台湾へやって来た

目的はまだまだ未踏達の温泉を巡ることだった

今回は台湾島の東海岸部を主に巡る予定でまずは礁渓温泉へやってきた

礁渓温泉はどことなく日本の熱海温泉ににている

都心から1時間、都会的な温泉地風景がそう思わせる

BlogPaint次は森林風呂受付で貰った礁渓温泉案内図
そこに気になる施設が載っていた『公共藻堂』
ここって初回に訪れた際に見つけることが出来なかった
『駅前共同浴池』のことだった


早速 出掛けてみることにした

地図を見る限り目的地は簡単に判明できた  地図

DSCF2032
行ってみればそこには温泉水を利用した公園があった

これらを見ても礁渓温泉の湯量が豊富なことを感じ取れた



DSCF2033
振り返れば足湯が3カ所出来ており数名の方が利用していた

足湯には興味がなく辺りを徘徊したが共同湯は見つけられなかった