2013.5.3

GWを利用して3度目の台湾へやって来た

目的はまだまだ未踏達の温泉を巡ることだった

今回は台湾島の東海岸部を主に巡る予定でまずは礁渓温泉へやってきた

礁渓温泉はどことなく日本の熱海温泉ににている

都心から1時間、都会的な温泉地風景がそう思わせる

次は初回には訪れたが工事中で入浴できなかった無料の共同浴池 『湯囲溝公園 公溝の湯』

どうなっているか見に行くことにした
DSCF2044
公溝の湯隣にこんな施設があった

裸で入浴できる温泉施設だった

この施設前回訪問の際には確認していなかった  地図

DSCF2034
すると観光客が足湯していた湯の中に魚がいた
これってちょっと前に流行った 『ドクターフィッシュ』だった

だが残念ながら この足湯はもちろん温浴施設には入浴はしなかった

もしこの後すぐ行く公溝の湯が入浴できなかった暁には入浴したが
DSCF2035
なんと入浴できてしまったのだ

詳しくは次回の書き込みをお楽しみに