2013.2.10

2月の3連休を使い2度目の台湾旅行に出掛けた

今日2/10は台湾では元旦の日だった。でも拙者にはそんなの関係ねぇ

それより昨日行くことが出来なかった南投懸仁愛郷にある春陽野渓温泉を訪れたが水害の復旧工事なのだろう

何処を掘っても湯が湧き出す川原は重機で埋められ温泉の面影さえなくなっていた。

P2100303そしてこの春陽温泉にはこの徳魯湾橋を渡り砂利道をすすむと崖下に野渓温泉(湯船)があるらしい

情報筋は【湯けむり台湾紀行】と言う本

現在は舗装された道路を奥へと進むことにした

だが 崖下にあるという野湯は結局見つけられず 終点となるある温泉施設に着いてしまった

P2100307
ここは春陽部落-觀(溫泉營地)と言うキャンプ施設で温泉付きだった

ここでこの本を見せながら 崖下の野湯を知りませんかと果敢にも聞いてみた

すると 知ってるよでも今はCOLD だよ

この程度は理解出来たがさすがに場所までは解らなかった

上の画像は温泉施設 オレンジ色が壁で白色が個室浴場入り口ドア

また円中央には大衆浴場がある
P2100305
この時間 湯を張り始めて間もないのか1/4程度しか貯まっていなかった
そしてこの湯に入るには水着着用である

今更ながら水着着用の湯は勿論 まして個室の湯に浸かることに対して何の感興もわかない

P2100306
まして無色透明のこの湯、これが濁り湯だったなら考えは別だが一般的な単純泉の湯

僅かだが情報のお礼を告げここを後にした



P2100308
影で綺麗に映っていないが桜が咲いていた
恐らく沖縄で見たカンヒザクラと同じ品種と思われる





P2100326
こんなに綺麗なところもあった
今は快晴だが台湾の天気はエリアによってめまぐるしく変わる
今回の旅行で晴れたのはこのときだけだったかな
あっという間にすぐに雨が降り出す
この後も霧や雨に当たる最悪の連休となった