2013.1.13

1月の3連休を使い台湾に温泉巡りとグルメ探求の旅に来ていた。

台湾の中には沢山の温泉地がある中でも人気上位の烏来温泉の公共露天風呂野渓温泉に入浴を果たしご満悦。

次は礁渓温泉へ行くことにした

P1130137
2日目のこの日も時折雨の降るあいにくの天気だ。1-2月は雨の日が多く肌寒い

昨日は20℃近くまで上がったが本日は14℃止まりで風が北風なうえ日射がなく肌寒い

これはハイウエイ5号線 礁渓方面に向かっている

走る車の数が極端に減った

この先長い雪山隧道がありそこを抜けると台湾東海岸地域となる

雪山隧道(-ずいどう、)は、台湾にある北宜高速公路のトンネル。全長は12.9kmで、高速道路用トンネルとしては台湾一、世界第5位の長さである。1991年7月に着工し、2004年9月14に上下線が貫通した。

安全のため他の高速道路用トンネルと比べて厳格な規制が敷かれている。

トンネルには、レーダーによる速度検知器が上下線に各4機設置されている。
現在は「取り締まり対象は90km/h以上、または60km/h以下」と公表されている。
また現在も貨物自動車の通行は認められていない


そして温泉入浴後の帰り道
高速料金所で 通行規制があった

P1130163拙者はレンタカー 一人乗車 どうも3名以上乗車していないと

このインターから乗り台北方面には通してくれないみたい

地図


P1130164
中国語が解らず英語で JAPANESEと話したら英語文の規制書を貰った

でも未だ何故3人乗りが駄目なのか解らなかった



P1130165
峠道で振り返り礁渓の町並を眺めた  地図

この日はものすごい強風が吹いていた

虹が微かだが出ていた

その後 標高が増していったら気温が7℃まで下がった

雨がまた降りはじめ恐れていた雪にはならず安心したが隧道とは大違いの昔ながらの山道

より慎重に運転したのは言うまでもない話だった

するとやっと次のインターチェンジが現れたのでまた規制に出会うのかと恐る恐る車を走らせたら

規制など何もなく高速に乗れてしまった

あの規制は 雪山隧道の交通量を減らすためだけの物だったんだなと考えるに

規制看板など読めない拙者には困った規制だった