2012.10.6

PA060672
山口県にある長門湯本温泉へやってきた

地図  日本全国の温泉巡りを始めてから山口県の温泉には今回が初の訪問と

なった。今まで車での通過はあったがその際は立ち寄り湯はしなかった

PA060673
昔の遺産 洗濯場があったが今は湯が張られてなかった

確かに自然保護のためむやみに湯を使うのは考え物だが、観光の面ではやっぱ

り湯を張っていて欲しいものだ。今はただでさえ不況で観光客減少の中人を呼べ

PA060683るアイテムが一つでも多くあれば人が来るかも知れない

温泉に入ろう  2つある共同湯のうちの一つ 『恩湯(おんとう)』にまず入ること

にした

建物はとても風情がある湯舎。これでゆと浴場の作りがよければ最高だね
PA060682
外観は昭和の趣があるが内装は改装を加えたらしくあまり好感を得られなかった

出来ることなら調和をする作りをして欲しかった



PA060674
大人200円は良心的な値段 さすが市営の湯だね

男湯と女湯では湯加減が違うらしい

男湯は源泉そのまま 女湯は加温しているそうです

PA060675
源泉温度は39℃とやや温めの湯らしい

アルカリ質の単純泉



PA060681
浴場には2つの湯船があったがどちらも同じ湯だった

無色透明の湯は常に湯が注ぎ込まれ源泉掛け流しのぬる湯温泉だった

温いが故みんな長風呂だった。だが真冬はなかなか体が温まらないと地元民が

PA060678PA060679嘆いていた

湯船は結構深く80cmほどあったかな  その縁には腰

掛けられる段が付いていた


PA060677
拙者も結構長く浸かっていたが 次ぎ行く予定もあったので

ほどほどにして切り上げた。次は『礼湯』へ行こう