2010.8.28

うぐいす旅館の復活を願いつつ 次へ行こう

ここも3度目の正直の見立ての湯  地図

2010年08月16日_IMG_1692
分岐点 ここは左の舗装路へ進む

8月16日は夕暮れ時の大雨で通行止め

以上進めなかった

2010年08月28日_IMG_1761
今日は雨の心配なし 日没まではまだ時間が

ある

見張りの湯のことがあるのでここから歩くことにした。

ここから1500mの所に見立ての湯入り口がある

約25分間の歩きだ頑張ろう 

道は通行止めにする、になるような所はなかった。ほとんど平坦な砂利道で歩きやすかった。
2010年08月28日_IMG_1762
約20分で着いた

やっぱり不似合いな看板

出来れば丸太で作って欲しかった
2010年08月28日_IMG_1763
最初 入り口が解らず難儀した

でも 勘が当たったからいいものの普通では見過ごしてしまう

看板がなければ通り過ぎていただろう

2010年08月28日_IMG_1764
看板を作った人に感謝

入り口だけが解りづらいが、山道は先人たちの足跡で解りやすく歩きやすかった



2010年08月28日_IMG_1765隠し見立ての湯?

ここが見立ての湯源泉だろう

パイプが地上に現れていた
2010年08月28日_IMG_1773
ここの沢には湯が流れていた。

湯温は32.7℃ やや温いな 

見立ての湯は温いかな
2010年08月28日_IMG_1766
やっと見えた ここまで5分の道のり




2010年08月28日_IMG_1767枯れ葉が5枚ほど湯に浮かんでいたが

湯船はとてもきれいな状態だった
2010年08月28日_IMG_1768
早速検温 39.4℃

湯の綺麗さは抜群。 湯温の最高

我慢できず入浴
2010年08月28日_IMG_17692010年08月28日_IMG_1770
意外と深い浴槽だった

苦労してたどり着いたこの湯。だからこそ他の人より思い

入れが激しかった。

2010年08月28日_IMG_1771
もう一方の湯船には湯が入っていなかった。

左右対称の湯船 男湯と女湯かな

ここは、元鉱山労働者用施設らしいが

鉱山に女性はいないだろう なんなんだろう?
2010年08月28日_IMG_1772
是非もう一度真っ赤に燃える秋に来てみたいものだ



それから 車に戻り 車で入り口まで再度来てみたが、丁度片道1500

mだった。道も乗用車でも十分問題なく走れたが、やっぱり通行止めは

通行止めです。歩きましょう。

2010.5.3訪問記

2012.8.14 道路通行止めで湯にたどり着くことが出来なかった