2010.7.24

次は 秘境の燕温泉  地図

駐車場  温泉街200m手前に宿泊者以外はここに駐める

が、どこまで行けるかで行ってみたら一番奥に駐めることが出来た

途中にも 廃業した宿の駐車場が空いていた

2010年07月24日_IMG_14572010年07月24日_IMG_1458
ここが車で行ける最奥部




2010年07月24日_IMG_1447ここから歩いて3分

黄金の湯



2010年07月24日_IMG_14492010年07月24日_IMG_1448
遊歩道




2010年07月24日_IMG_1456

黄金の湯 入り口 右女湯 左男湯

妙高山の東麓にある。妙高山周辺では最も高所にある温泉で、標高約1100mの斜面に8軒の旅館と2軒の土産物屋が並んでいて、妙高山登山の東側の入り口になっている。バスの終点から登山道へ続く狭い道の両側に旅館などがひしめく様に建っており、こじんまりとした温泉街の情緒を醸し出している。

温泉街の先に無料で入浴可能な露天風呂が2つ存在する。「黄金の湯」と「河原の湯」である。両方とも妙高山の登山道沿い(別ルート上)に位置する。「黄金の湯」の方が温泉街に近く徒歩約5分の所にあり、男女別で脱衣場も完備している。「河原の湯」から数分歩いたところに日本の滝百選に選ばれた惣滝を展望できるポイントがある。近くには、2004年冬まで由緒ある燕温泉スキー場があったが、2005年冬から休止し、2007年3月に廃止が決定した。

2010年07月24日_IMG_14512010年07月24日_IMG_1453
湯温38.5℃

自分の好みは白濁した湯。  この湯船には

沢山の湯の華が浮2010年07月24日_IMG_14542010年07月24日_IMG_1452遊していた

湯口温度45.9度




2010年07月24日_IMG_1455
黄金の湯はこれくらいで河原の湯へ行こう

駐車場まで戻る


2010年07月24日_IMG_1459河原の湯は落石の危険性があるため湯を張ってないそうです

残念


ホンとは この他に『称明滝の滝壺野湯』と『露天風呂』に行く予定だっ

たが、おびなたの湯で2時間歩いたことで足が痛いのと現在大雨雷雨

警報発令中で、断念