toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

いでいやきそば店でいもフライ購入

2018.6.10

温川キャンプ場へ出掛けたが、夜半から雨に降られた、
さあ今日日曜日は温泉巡って家へ帰ろうと言っても全て
のスケジュール終了。最後は佐野のいもフライを買って

DSCF1192帰ろうで、立ち寄ったは、いでい焼
きそば店 地図

此処に訪れるのは2度目だが、初
回の記録がない。いつもは江原商
店に立ち寄るが日曜は定休日で、

DSCF1193いでい焼きそば店へやって来た。
キャンプ場の朝食がヘビーで未だ
昼食も食べていない為これが実質
昼食となった。
いもフライ 1本 90円


DSCF1194揚げたては、特に美味しい。
ジャガイモに衣を付けた素朴なもの
だけどこれが旨いんだ。
そして量もあり満足満足。

尻焼温泉 1/23噴火後激熱の湯に変わっていた

2018.6.10

温川キャンプ場へ出掛けたが、夜半から雨に降られた、
DSCF1188さあ今日日曜日は温泉巡って家へ帰ろ
う。
次は、尻焼温泉だ。
ここは家からも近いと言っても他の野天
湯に比べれば近いがそれでも200kmは
あり近くないか。

DSCF1189それでも最近よく訪れる。直近は
2017.9.24で次は2017.9.17。初回は
2010.10.16であった。
今日のこの湯は沢山の人が訪れていた
が屋根付きの内湯には誰も浸かってい
なかった。

では、内湯から入ろうとしたら熱くて入浴出来る湯温じゃない。
そんな訳だから誰も入浴していないんだ。
ましてここには加水出来る水道さえない。
DSCF1190
仕方なし川湯へ浸かるも今日はいつも
と違って湯温が高い。どうしたって言う
んだ。こんなに熱い湯は初めてのこと
だ。


DSCF1191今年の1月23日草津白根山近くで噴火
した影響なのか、噴火後ここに初めて
訪れこの変わりように影響がないとは
考えにくかった。
熱いので短時間の入浴となってしまっ
たが、連れ曰く今回の旅行で一番素晴
らしかったと言われ主催者として嬉しかった。















草津温泉 関の湯 日本一小さな共同湯

2018.6.10

温川キャンプ場へ出掛けたが、夜半から雨に降られた、
DSCF1173さあ今日日曜日は温泉巡って家へ帰ろ
う。

次行こうと歩き出すと足元に可愛いマン
ホールを見つけた。

マンホール蓋考察
草津町下水道、草津温泉名物ゆもみをするマスコットゆもみち
ゃんを中央に雪・愛・LOVE・草津とデザインされている。

無料でまんじゅう1個貰える「元祖温泉饅頭 長寿店」 地図
画像こそ無いが、できたての饅頭は美味しかった。ご馳走様。

本業に戻ろう
DSCF1178日本一小さな公衆浴場と言われる。
関の湯 地図
ここは以前にも入浴しているが連れの
二人に日本一小さな公衆浴場を体験さ
せたく訪問した。
幸い誰も入浴して居らず、まず湯の蛇

IMG-3933口をひねり湯を止め、加水開始。
さすがに他の客がいると出来ないが、貸し切り
のこの湯だから出来ることでもあった。湯温40℃
位まで下がり3人も入れば満員の湯に浸かり、
やっと自身の適温の湯に浸かることが出来たら
しくご満悦のようだ。

DSCF1174そこで記念撮影をすることにした。
残り少ない人生の思い出になったかな。
この湯は湯畑が源泉で、湯温も決して
楽に入れるレベルじゃない。思いっきり
加水して入るのは好きじゃないが、たま
にはこういうのもいいかな。

DSCF1175老人会のお二人。
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏





DSCF1179再び湯をだし、加水を止め元の状態に
戻しここを後にした。
観光客が余り来ない湯だから出来る入
浴方法であった。



DSCF1177草津温泉感謝祭のポスター
こんなイベントあったんだ。

第73回草津温泉感謝祭

2018年8月1日(水)・2日(木)

温泉街が一年で最も活気づくのが、湯畑特設舞台をメインに開催される、通称「温泉感謝祭」の2日間。土用の丑の日、丑の刻に入湯する事により、以後一年の無病息災を願ったという故事にちなみ開かれ、その後、温泉への感謝へと形を変えて現代に至っているものです。

町民の中から選ばれた、女神・巫子・白丁による「源泉お汲み合わせの儀」「源泉分湯の儀」「献湯」は、華やかな中にも厳かさが漂い、温泉町ならではの情緒が味わえます。(毎年8月1日・2日開催)
※2018年 NHKふれあい歌謡ステージの詳細はこちらをご確認下さい。



↓下記↓は昨年の情報です。
交通規制のお知らせはこちらをご覧下さい。

■プログラム
(主会場:湯畑仮設舞台)

8月1日(火)【交通規制 18:00~22:00】
18:45 湯善神参拝
19:00 上州草津温泉噴火太鼓・草津踊り
20:45 草津温泉感謝祭式典「女神降臨」
「源泉お汲み合わせの儀」「女神源泉分湯の儀」
女神主要浴場「献湯」~地蔵の湯

8月2日(水)【交通規制 18:00~22:00】
13:00 女神各地区浴場「献湯」
19:00 草津踊り
20:00 女神主要浴場「献湯」/役場前出発 白旗の湯 ⇒ 熱乃湯 ⇒ 千代の湯
※熱乃湯献湯後「湯もみ保存会」による湯もみの披露(熱乃湯にて一般公開いたします、お楽しみ下さい。)
※熱乃湯献湯後「上州草津温泉噴火太鼓」演奏(湯畑仮設舞台)

21:00 草津温泉感謝祭フィナーレ「女神昇天」
21:40 手花火



草津温泉 熱乃湯 湯揉みSHOW

2018.6.10

温川キャンプ場へ出掛けたが、夜半から雨に降られた、
DSCF1180さあ今日日曜日は温泉巡って家へ帰ろ
う。

熱乃湯 地図



DSCF1171今入浴した白旗の湯隣は「熱乃湯」
草津にはもう30回近く訪問しているが、
未だ『ゆもみ』を見ていなかったし体験
したこともなかったの今回見物すること
に決めたが、9:30が始まったばかりで
タイミングが悪く10:00まで徘徊するこ
              とにした。

DSCF1181
草津名物湯揉みと踊りが楽しめる施設
だが、確かに湯揉みは見ておきたかっ
たが踊りは今一だった。これで600円は
納得いかないな。


DSCF1182でも長く見ていると飽きる。
これではやっぱり催し物だけであり実際
に温度が下がった実証をして欲しかった。
湯揉み前と後で温度測り最後は入浴して
欲しかった。


DSCF1183すると観客も実演出来るとのアナウンスが
あり早速並ぶことにした。





P6100967P6100970DSCF1184





参加賞を頂いたが、誰が5回も参加するんだ。
これでお終いかと思ったら最後の湯揉みが始まった。
DSCF1185
最後は派手に湯を蹴飛ばし迫力満点だが
やはりもう一つ見せ物がない。
実際に入浴することが出来るイベントが欲
しいな。




草津温泉 白旗の湯

2018.6.10

温川キャンプ場へ出掛けたが、夜半から雨に降られた、
さあ今日日曜日は温泉巡って家へ帰ろう。

草津温泉へ行こう。
車は最近出来た町営駐車場に駐めて観光開始だ。
駐車場 地図 2時間500円

DSCF1165湯路広場 地図
昔の湯畑駐車場があった跡地に作った
施設。
イベントが開かれる広場として利用され
ている。真冬のキャンドル点灯時はとて
も綺麗。

DSCF1166小雨に煙る草津温泉。観光客も疎ら。
開設まもなくに入浴していた御座之湯も
寂しそう。当時の記事




DSCF1167草津温泉公共浴場のシンボル湯、白旗
の湯 地図
シンボル湯と言うだけあっていつも賑わっ
ていてゆっくり入浴出来ないのが難点。



DSCF1169勿論白旗源泉の湯は特に熱い。
熱くて熱くて入ってられないが、何故か寄っ
てしまう不思議な施設。
水道の施設がなくポリバケツに源泉を汲ん
でおき冷めた時を狙い湯船に投入し湯温を
下げるんだ。入り口から右のこの湯は特に
              熱い。

DSCF1170源泉を使った湯温下げは温泉成分を薄め
ずに理にかなった方法であり、長年湯巡りを
していたが今日ほど目から鱗が落ちた瞬間
はなかった。
高温に強い拙者は楽々入浴できたが、連れ
の二人は、この方法でやっと肩まで入浴出来
              たが、茹で蛸になっていた。

積善館 岩の湯 混浴の湯

2018.6.9

またまたキャンプへ出掛けた。行き先は群馬県北部地方。
今 積善館元禄の湯に浸かり次は、地下にある混浴の湯
DSCF1138「岩風呂」へ移動だ。
木造の館内を歩き・・・だが、木造って
火が出たら回りが早そうで怖いね。
でもこんな宿だから座敷童がいそうだ
ね。


DSCF1137
午前5時から9時の間は女性専用時間





DSCF1135脱衣場こそ別だが、中はちゃんとした
混浴風呂。だがこの湯の源泉は新湯
川の川底?だとおもう。
やっぱり混浴の貴重な湯は、足元湧
出温泉であって欲しい。


DSCF1134野郎3人だけでは男湯だな。こんな叔
父さん3人の湯に浸かっていても面白
くない。
この後はキャンプ場に移動し今日最後
の湯とあって洗髪も始めていた。


BlogPaint姫のいない湯は詰まらない。

積善館 元禄の湯 大正浪漫漂う湯

2018.6.9

またまたキャンプへ出掛けた。行き先は群馬県北部地方。

DSCF1126次は、積善館の元禄の湯で入浴だ。
ここも入浴料が千円もかかるためおいそ
れと入浴出来ないが、連れの二人が未
入浴のため敢えてやって来た。
地図
ジブリ映画の千と千尋の神隠しのモデル

DSCF1127になったとも言われる宿の湯へ行こう。
何々 入浴料が1200円に値上がりして
いる。




DSCF1128ここに来ていつも驚くのは、土足のまま
上がってもいいことだ。本当気が引ける。
入浴料を払い温泉へ行こう。




DSCF1129DSCF1130どうだ凄いだろ。
こんな湯見たこと
無いだろう。
でも全て同じ湯の
ところが残念。
全てが違う湯だっ

たのなら温泉のテーマパークだったね
DSCF1131以前利用した天然サウナは、今日は熱
い。以前の時は元栓を閉じていたんだ
ね。今日は中に入ったが5分もしないで
汗だくになった。入室前に湯を撒いたた
めより湿度が上がってミストサウナ状態
だった。

DSCF1133さすがに今日みたいな日にサウナは辛
い!ダメだ我慢出来ない。
以前掛け湯が入れると思った浴槽は、
サウナ後に掛ける水を入れておく物だっ
た。


BlogPaint昔の諺です
頭隠して尻隠さず
「頭隠して尻隠さず」を英語で言うと
「That's behaving like an ostrich.」となります。
、「自分の悪事や欠点の一部分を隠して、全て
を隠したつもりになっている様子
」という意味があります。
ここでの画像は、尻にもスタンプで隠さないとと書類送検に成っ
ちゃいます。

四万温泉 無料の湯 河原の湯

2018.6.9

またまたキャンプへ出掛けた。行き先は群馬県北部地方。

DSCF1125次は、四万温泉河原の湯 地図
現在3つある無料の共同湯に一つ
だが、入浴時間が短いのが難だ。
朝9時から夕刻15時まで
さあ入浴しよう


DSCF1124この湯いつも激熱で有名だが今日は
どうかな・・・。やっぱり今日も激熱の
湯が蕩々と注ぎ込まれ湯船の中は
激熱となっていた。
拙者は何とか入浴を果たせたが、相
棒二人は完全入浴とは行かなかった。

さあ 気を改めて次行こう。積善館元禄の湯へ行こう。

岡村うどん店は一見様価格の店 みなかみ町

2018.6.9

またまたキャンプへ出掛けた。行き先は群馬県北部地方。

DSCF1120法師温泉に浸かりおなかが空いたため
往路に見たうどん店に入ることにした。
ここは、岡本うどん店 地図




DSCF1122上州豚肉つけうどん 970円
確かに肉は旨かったが、うどんに腰が弱
くのどごしに不満。それよりこれで970円
は、ぼったくり料金。
街道筋にあって一見様価格。


DSCF1121だからお昼というのに客がいない。
見た目から言って600円くらいが妥当な
ところ。このような商売しているとお店に
繁盛はないね



DSCF1123

法師温泉混浴の湯入浴記

2018.6.9

またまたキャンプへ出掛けた。行き先は群馬県北部地方。

DSCF1114先ずは混浴温泉入浴。
ここは群馬県北部にある法師温泉
長寿館 地図

ここは度々訪問する大好きな湯でもあっ
た。

DSCF1115今回の旅行は、3人旅だが二人は未入
湯の混浴温泉と言うこともありスケジュ
ールに組み入れた。日帰り入浴時間は
10:30開始。5分前に到着していたが、
駐車場には大型バスが駐まっておりこ
の客も入浴待ちなのか?

DSCF111610:30 入浴料1000円を払い浴室に行
けば、バスの団体客で大混雑の湯に成
っていた。
バスツアーは、上州名湯5湯巡り2泊3日
75000円だって 高いね


DSCF11174つある浴槽の女脱衣場に一番近い湯に
ツアーのお姉さんと言っても皆60才以上
の8名が入浴しワイワイガヤガヤ五月蠅い。
いつもの静かな浴室に似合わない光景
にうんざり。


DSCF1118お姉さんが出て行くといつもの静かな法師
乃湯に戻った。すると今度は20代の女性
が登場拍手喝采はないが、男性陣は皆喜
んだろう。
このお姉さんがまた大胆だった。
これぞ混浴温泉の楽しみの一つである。

DSCF1119混浴温泉に入浴すると精気を貰えるきがす
るが、今回は特に恩恵が凄かった。
ご馳走様でした。









東吾妻町営温川キャンプ場

2018.6.9

東吾妻町営温川キャンプ場へやって来た。
日本は梅雨入りし更にはフィリッピン沖に台風が発生し
20180607173247この週末の天候が非常に危ういが、微かな
望みが叶い好転してきた。

よし!決行だ



DSCF1145温川キャンプ場(地図)に着いたが、
入り口に鎖が掛かったまま。管理人小屋
へ向かうが鍵が掛かり無人であった。
どうも役場と管理人の連絡ミスらしい
先に設営を許され場内へ入場。


DSCF1163程なくして管理人が現れてほっとした。
今日の利用者は我々だけの1グループで
あった。
町営と言うことだけあって料金は安かった。



DSCF1162この東吾妻町周辺は、真田幸村と岩櫃城が
縁あるらしい。上田市ばかりじゃないんだね。
管理人さんと長く話し込んでしまった。




DSCF1146
場内フィールドは良く整備されており何処
でも設営可能だが小川の手前炊事場近く
の木陰を選び設営開始。



DSCF1148多グループの時は人が集まることもある
炊事場近くは避けるべし。
屋根付き照明あり竈もあり薪料理も簡単
に出来る。



DSCF1160DSCF1161管理人小屋脇に公
衆トイレがあり設備
は、水洗仕様。利用
したがよく清掃され
ていて悪臭はなかっ
た。

DSCF1144食材調達は、中之条町にあったヤオコーに
て調達後ここにやってきたが、種類が豊富
で助かった。特にサムギョプサルに使う
サンチェも置いてあった。無いと困るので
地元で買って置いたが買わなくてもここで
調達出来たんだ

DSCF1159DSCF1158DSCF1149






DSCF1152DSCF1153釣り堀があったが魚
は泳いでいない。
恐らく必要な数を放流
し釣りをするシステム
だろう。


DSCF1147今宵の夕食は、韓国料理サムギョプサル。
この料理はキャンプ料理としては、簡単で野
菜も取れ参加者から好評を頂いた。
前回の酒鍋同様大満足で定番のメニュー
になりそうだ。


DSCF1150ちょっと早い夕食のため 辺りを徘徊するこ
とにした。場内に小川が流れ夏場子供達の
憩いの場になることだろう。



 
DSCF1151更にキャンプ場名の由来となった温川が
流れている。童心に返って葉っぱ流し競
争をして楽しんだ。子供が水遊びするに
はちょっと怖いかな



DSCF1155このキャンプ場は直火のたき火が可能で
早速火起こし開始。こういうのが意外と好
きで楽しい。ランタンも電池ではなく白ガ
スにこだわるのも灯りがもたらす暖かさ
・雰囲気が好きなんだ


DSCF1156最初の内は小枝だったが、そのうちに
太い枝をくべだした。食事中蚊のような
小虫が飛んでいたがたき火を始めると
いなくなりこれならもっと早く始めれば
良かった。


9時頃就寝

DSCF1157ところが11時頃にポツリポツリと雨が降
り出し、今回このキャンプ場貸し切り状態
だったため炊事場の屋根の下に潜り込ん
だ。
だが、雨だれの音が時としてうるさく、心地
の良い清流の音も寝ているときには時とし
て豪雨の音にも聞こえとても寝苦しかった。
更に コンクリの上は、日中の熱が蓄積して気温14℃まで冷え込
んだ外気温とは全く別で熱くて熱くてシェラフから出て寝る始末
だった。
結局 雨は終日降り続けた。天気予報が外れたが、幸いにして
貸し切りだったため炊事場の屋根で雨を凌げたがこの通りの天
気予報だったら中止していた。

IMG-3924朝食もこの炊事場の屋根の下で済ませることが出
来た。メニューは若鶏の塩麹焼きと餃子にポトフス
ープであった。

幸いにして屋根有るところへ逃げ込めて雨に濡れ
なかったが、もし屋根がなかったら後かたづけが
大変だっただろう。

もう一棟 屋根付きの調理場があり、U字溝が数個置いてあり
薪を使ったバーベキューも出来る。今回管理人さんから朝食は
ここで食べるといいよと言われたが、流し台まで15m離れてい
るため利用しなかったが、雨の際は重宝する。

入場料 1グループ1000円(1-30人まで)とテント一張1500円
(町外)は、昨今のオートキャンプ場より安いが、我々は一人
用テントのため予想以上に費用がかさんだ。
でもローケーションも良く観光地にも近く「お気に入り」に入れ
ておこう。

群馬県立赤城公園キャンプ場 無料のキャンプ場

2018.5.26

谷川岳登山に出掛けたが、大事なものを忘れ登山断念する
事になってしまったが、登山代わりに日本一のもぐら駅と名
高いJR土合駅の地下駅まで潜ってきた。

DSCF1110今回最後の目的地に赤城大沼湖畔に
ある無料のキャンプ場で正式には、
県立赤城公園キャンプ場 地図




DSCF1108この無料キャンプ場も今日は、沢山の人
が利用していたが、奥利根水源の森キャ
ンプ場同様無料キャンプ場の人気は凄い。
確かに昨今のオートキャンプ場の利用料
金の高さに驚くばかりだ。1家族5千円超
が当たり前のご時世だ。

DSCF1109確かに5人家族で利用すれば安いが、
我々達の様にシングルテントで利用する
者にとって一テント5千円ではホテル泊ま
った方が快適で安眠出来る上後かたづけ
が入らないからホテルに泊まるよ。


DSCF1111炊事場があり飲水可能。昼間のため灯り
のチェックは出来なかったが、観光地故
外灯はたくさんあると思われる。
トイレは水洗だが、詰まりなどで男性用小
便器は使用不能となっていたが洋式便座
で用が足せた。

DSCF1112竈もあり屋根も付いてますから安心です。






DSCF1113これで4軒の無料キャンプ地を訪れたが、
いずれも合格点。是非利用してみたいと
ころばかりだった。
では、何故無料のキャンプ場にこだわる
のかと言えば先ほども書いたとおりまず
は、料金にあるが他にも持ち物の装備に

もある。よく見かける光景は豪華なRV車に大型テントとタープ、
BBQセットと我々の登山装備とは月とすっぽんであった。
だから余り見向きもされないと思っていた無料のキャンプに目を
付けたがだが、意外と人気があるのには驚いた。
でも 性分から言って無料のキャンプ場の方がいいかな。

DSCF1106これで今回の旅は終えるが、谷川岳には
早い内にリベンジするしキャンプはあと5
回くらいは行きたいな




DSCF1107淵名姫

「赤城姫・淵名姫」発表!

赤城山ブログ 2011.08.11(木)

平成23年8月6日(土)赤城山夏祭りイベントが開催されました。

あかぎ広場ステージで、第24代赤城姫・淵名姫の発表と引継式が行われました。

赤城山「赤城姫・淵名姫」にまつわる伝説にちなみ、赤城山夏祭り実行委員会の審査員会により選定されました。1年間、赤城の観光大使として活動して頂きます。


※赤城姫・淵名姫の伝説は「赤城山ポータルサイト」をご覧ください。







無料のキャンプ場 奥利根水源の森野営場

2018.5.26

谷川岳登山に出掛けたが、大事なものを忘れ登山断念する
事になってしまったが、登山代わりに日本一のもぐら駅と名
高いJR土合駅の地下駅まで潜ってきた。

次は、機会があれば是非寄りたかった無料のキャンプ場
「奥利根水源の森キャンプ場」。谷川岳に登っていたら寄るこ
とは出来なかったが不幸中の幸いって事かな。
DSCF1104何故 寄ってみたいかと言えば設備の
確認に決まっている。

行程はみなかみから約1時間、延々と
山道を登っていきやっと辿り着く。地図


DSCF1098着いた。想像以上に綺麗な敷地と設備
はいいんだが、来場者が凄く多いんだ。
テントを設営している人も沢山いたが、
釣り目的でここを利用している人も多い。
テントは外周に張られている他10mちょ
っと山に入って設営する人もいるほどだ。

DSCF1097設備は、まず目立つのがトイレ。
新築されてから数年経つが状態はとて
も綺麗。灯りは?日中だったが確認する
の忘れた。外灯は?これに関しても未確
認。ま!灯りがないと言うことは星空観
察に持ってこいだし、暗くなったら寝ちゃ

DSCF1101えばいい。
水道はあるは、飲水は出来ないが煮沸
すれば飲むことは可能かな?
でも持ち込めば問題なし。料理使用後も
「水源の森」と言うことで油汚れはティッシ
ュで拭き取り帰宅後洗うで問題なし。

DSCF1100兎に角、汚れ物は洗えないと言うことだ。
トイレは水洗完備。臭いもなくよく清掃さ
れていて気持ちいい。もう1軒は、車いす
用のトイレだった。



DSCF1102この地には、「さんぽみち」が用意されて
おり暇をつぶすには丁度よいかも。
そこで少し歩いてみることにしたら沢に
出た。



DSCF1103木の根沢がこれです。
こうして森の中へ・・・って改めて言うが
駐車場からして森の中だった。木々の
香りを嗅げば、ストレス解消になるんだ
よ。感じ取れないときは、葉っぱを手で
揉みつぶすと臭いが強力となり効果覿

DSCF1099面。
このキャンプ場はいいね。
日光市営川俣湖キャンプ場もよかった
がここも使える。いつの日かキャンプし
に来るぞ。


ここまで来ると尾瀬も近いが、近くても車では入れない。
片品村麓まで降り乗り合いバス等でしか入ることが許されない
から休日はかえって不便。









宝川温泉 開店前で終えてしまった

2018.5.26

谷川岳登山に出掛けたが、大事なものを忘れ登山断念する
事になってしまったが、登山代わりに日本一のもぐら駅と名
高いJR土合駅の地下駅まで潜ってきた。

DSCF1095次は、宝川温泉。
ここの湯は、東日本の横綱と称えられ
たことがある由緒ある温泉で、朝風呂
でも入ろうと8年ぶりにやってきたが、
開店前だった。2010.3.20入浴記


入浴料1500円もすんだっけ?高いな・・・こんなに高ければ
開店していたとしても入浴はしなかった。
今書きながら以前の記事を見直すと8年前も1500円だった。
DSCF1096値上げせずに同値で行っているのに
は驚いた。

でも一度入浴しているし1500円の入
浴料を払ってまでも入りたい湯でもな
い。恐らく二度とこの湯には来ないだ
ろう。

道の駅みなかみ水紀行館とラフティング

2018.5.26

谷川岳登山に出掛けたが、大事なものを忘れ登山断念する
事になってしまったが、登山代わりに日本一のもぐら駅と名
高いJR土合駅の地下駅まで潜ってきた。

次は、道の駅みなかみ水紀行館に行ってみよう。
DSCF1092ここに来るのは久しぶりだ。10余年前に
利根川でラフティングとキャニョニングを
したとき以来で、5月頃になると雪解け
水の影響で迫力あるラフティングが体
験出来るで、今日も見られるかなと寄
り道してきた。 地図

するとこんな横断幕が掲げられていた。
第42回 日本リバーベンチャー選手権大会
調べてみると通称「リバベン」と呼ばれ、多くのラフティングを
する人たち(ラフター)に親しまれている日本リバーベンチャ
ー選手権大会
とは,学生によって企画・運営される日本国
内最大級のラフティング大会です。

DSCF1093河原の方から賑やかな声が聞こえるた
め出向けば、ラフティングをしているじ
ゃないか!
大会始まったのか?いや未だ早朝の
時間帯だ、本番に備え練習しているの
だろう。

DSCF1094それにしても激しい流れだね、雪解け
水に加え昨日の雨がこの激流の元な
んだね。
流れ行く先を見れば、100m先で上陸
していた、やっぱり未だ練習中であっ
た。

まもなく始まるであろう本番では、日頃の練習成果を十分に
発揮し好成績を上げられることを期待する。


DSCF1091生どら焼き買いたかったな。
ここは小荒井製菓本舗 地図
以前来たときに購入し美味しかったの
で今日もと寄ったが、未だ開店準備中
であった。残念。





JR水上駅とSL広場 みなかみ町

2018.5.26

谷川岳登山に出掛けたが、大事なものを忘れ登山断念する
事になってしまったが、登山代わりに日本一のもぐら駅と名
高いJR土合駅の地下駅まで潜ってきた。

DSCF1086この際だからもう1駅寄っていくぞ。
ここは、土合駅より東京方面に2駅目
の水上駅。ここは水上町の中心駅では
なく水上温泉郷の中心駅。地図
町の中心駅は後閑駅なんです。


DSCF1087現在では普通列車は当駅を境に運転
系統が分断されており、いずれの方面
からも当駅で折り返しとなる。
越後湯沢・長岡方面下りの定期旅客列
車よりも貨物列車の方が本数が多いら
しい。

DSCF1088そうだこの路線観光SLが走っているんだ。

SLは、週末土曜日に運行し、高崎、水
上間を走り抜ける。

  • Fun!Fan!SL! SL旅の楽しみ方
  • SL旅の楽しみ方

    上越線と信越本線でSLの旅

    SL旅の楽しみ方

    上越線と信越本線でSLの旅

    SL上越線の旅 ぐんまの風土を体感する旅。

    時刻表

    SL上越線の旅 ぐんまの風土を体感する旅。

    時刻表

    停車駅

    高崎駅

    高崎駅で、SLの入線や連結作業を見学!
    車庫からSLが出区して、高崎駅のホームへ入線し待機。客車がディーゼルけん引でホームに入線、連結作業に入る。見学すれば、気分は高まり、旅モード!
    ※連結作業などは運転日により異なります。見学の際はSLに近づいたり、線路内に入ったりしないよう十分ご注意ください。

    SL

    SL弁当を手に入れよう!

    新前橋駅

    渋川駅到着直前には鉄道ファンの間で有名な撮影スポットがある。
    みんなで外に向かって手を振ろう!

    渋川駅

    渋川駅停車中のD51 498

    約30分間の停車時間は、絶好の撮影タイム!

    リゾートやまどりと115系

    中之条に向かう「リゾートやまどり」や高崎行の普通列車を見ることができる。
    ※リゾートやまどりは運転日をご確認ください。

    橋とトンネル

    橋を渡る電車

    渋川を出てすぐ利根川をわたる橋。

    橋

    利根川沿いにいくつものトンネルを抜けて、橋を渡る。トンネルと橋、それぞれいくつあるか数えてみよう!

    沼田駅

    駅前の写真

    列車の点検のために約6分間停車。

    沼田駅は迦葉山の玄関口。
    上りホームにある天狗のお面を撮影しよう。

    天狗のイラスト

    車窓からの景色

    沼田の河岸段丘

    発車直後、右手には教科書でもおなじみの、沼田の河岸段丘がはっきり見える。河岸段丘(高さ約70m)の上には沼田城の五層の天守閣が建っていた。

    パラグライダー

    進行右手の山はパラグライダーのスポット。運が良ければ見えるかも。

    名胡桃城址

    しばらく行くと左手に名胡桃城址が見えてくる。戦国時代のロマンを感じよう。

    後閑駅

    車窓からの景色

    バンジージャンプ

    バンジージャンプは諏訪峡の名物の一つ。春から秋にかけて、諏訪峡大橋の上から落差42mの谷底へ「ブリッジバンジー」を楽しむ人たちで賑わう。タイミング次第で車窓から観賞できる。

    諏訪峡

    水上駅手前の見どころは「諏訪峡」。水上温泉を代表する景勝地の一つ。新緑から紅葉、雪景色と、四季折々に彩りを変える渓谷美が見事。車窓からも楽しめる。

    水上駅

    終点 水上駅に到着!

    水上駅ではSLの到着に合わせて水上温泉イメージキャラクター「おいでちゃん」がお出迎え。

    転車台広場では不定期でイベントを開催。

    発車前にはSLがバックして2番線に停車中の客車と連結する。手旗で誘導。


    DSCF1089水上駅転車台広場 地図
    D51が静態保存されており、近年アスファルトで
    広場はとても綺麗に整備され、転車台で転回す
    る機関車や給水する姿が間近で見られ、子供
    にオススメですがSL運航日を確かめの上お出
    かけください。

    DSCF1090





    JR湯桧曽駅 みなかみ町

    2018.5.26

    谷川岳登山に出掛けたが、大事なものを忘れ登山断念する
    事になってしまったが、登山代わりに日本一のもぐら駅と名
    高いJR土合駅の地下駅まで潜ってきた。

    DSCF1082この際だからもう少し駅巡りをしよう。
    ここは、土合駅より東京方面に一駅目
    湯桧曽駅。 地図




    DSCF1083ここは地上にある上りホーム。
    土合駅方面を望めばループトンネル直
    前の線路が見える他は、何もない無人
    駅。



    DSCF1084
    今度は下りホームへ行こう。
    緩やかなスロープを上るとホームが現
    れる。



    DSCF1085
    ここは新清水トンネル内にある下りホーム。
    100m先にトンネル入り口が見えるが、コン
    クリ打ちっ放しのホームは無機質極まりな
    く趣に欠く。










    日本一のモグラ駅 土合駅

    2018.5.26

    谷川岳登山に出掛けたが、大事なものを忘れ登山断念する
    事になってしまった。
    DSCF1063
    ここはJR上越線 土合駅 地図
    この駅の名物は、下りホームが地下深く
    にあり「日本一のモグラ駅」として有名な
    んです。


    DSCF1071この看板いいよね。駅はその街の表玄関
    と言ってもいいが、今の日本では画一的な
    駅舎ばかりで詰まらない。もっと地元色を
    取り入れた駅舎を作れJR!



    DSCF1064駅舎の中へ入ってみると驚いた。登山客
    と思われる人々が寝袋で仮眠中。まさか
    こんな姿を見るとは思ってもいなかった。
    だが、JRや警察はこの仮眠や滞在を排
    除したいらしい。訳はこの駅舎内で火気
    を使う事例が後を絶たないため火災を

    IMG-3860心配してでのことだった。そうでなくても異様だ
    ねこの風景、確かにこの時刻に乗降客はいな
    いが、これでは安全に駅を利用出来ない。





    IMG-3861ここは上りホーム。上りホームは駅舎に近く地上ホ
    ーム。






    DSCF1068以前は谷川岳の玄関口だったが、上越新幹線や関
    越道が開通するとローカル鉄道は敬遠され利用者
    が激減。現在は1日10回しか停まらない無人駅とな
    ってしまった。



    DSCF1067無人駅ならではの装置。
    乗車証明書を持ってモグラ駅の下りホー
    ムへ向かおう。(JRさんご免なさい。でも
    記念に家まで持って帰ってます)



    DSCF1072DSCF1079さあいくぞ462段。
    谷川岳と思えばこ
    んなの屁の河童。




    DSCF1074約6分でホーム階に到着。ここには2度目
    の訪問と言うことで感動はないだろうと思
    っていたが初回のことはすっかり忘れて
    いた。見る物全て初体験の様でやっぱり
    苦労して来た甲斐があった。


    DSCF1075
    『土木学会選奨土木遺産
    2017 JR上越線新清水トンネル関連施
    設群』に選ばれていたのか



    DSCF1076下りホーム
    この先に土樽駅があるが、人間って凄い
    な・・・と感心する。
    今となってはちょっと寂しい駅に成ってし
    まった。またいつの日か日の目を見ること
    は来るのだろう。そう考えると「無駄な施設
    を作ってしまった」という考えに行き着かないか

    DSCF1077長居してもこれ以上の感情は生まれそうもないしコ
    ンクリだらけの殺風景な風景に飽きた。階段登って
    帰ろう。
    え~と何段有るんだっけ



    DSCF1078DSCF1073階段途中には休息
    用のベンチも設置
    され地元民の愛情
    が伝わりますね。



    DSCF1080谷川岳に登ろうとした拙者がこの程度で
    疲れなんてないぞ。
    この施設は風圧除けらしい。実際列車通
    過の際にここに居合わせたことがないから
    性能がどうかは解らない。


    DSCF1081直線の階段は462段だが、駅改札までの
    最終階段は486段と24段もある。

    今年中に谷川岳には絶対リベンジを果た
    すぞ。またね。

    日光市営川俣湖キャンプ場 無料のキャンプ場

    2018.5.19

    奥鬼怒温泉郷に今行ってきたが、実はこの近くに
    寄りたい施設?がある。それは最近嵌っているの
    がキャンプだが、無料または寸志のキャンプ場で
    キャンピングする事なんだ。その無料のキャンプ
    場がこの近くにあるから見に行ってみよう。

    DSCF1052日光市川俣湖キャンプ場
    地図 日光市営無料のキ
    ャンプ場だが、今日は誰も
    利用していない。敷地は
    砂利が敷かれてはいるが
    外周は芝で覆われそこに

    DSCF1056テントを設営すれは安眠出
    来そう。

    設備は水洗トイレと炊事場
    だけだがトイレを利用したが
    水洗でとても綺麗で照明付き。

    DSCF1057






    DSCF1050炊事場も綺麗に掃除されて
    おり問題なし。向かい側には
    竈もあり屋根もあり快適に使
    えそうだ。水も飲用出来る。



    DSCF1051勿論売店など無いので薪は
    前もって購入してからの来場
    すべし。




    DSCF1053キャンプファイヤー場もあった。






    DSCF1055隣接する川俣湖だが、大きな
    湖はちょっと不安?確かに湖
    面までは高さがありキャンプ
    場が浸水することはないが、
    河童が現れそう?


    DSCF1054時刻は14時 未だ利用者は無
    しだが、このキャンプ場は後日
    使えそうだ。リストに追加してお
    こう。



    DSCF1058キャンプ場に向かう道















    2018.5.19 鬼怒沼登山

    2018.5.19

    奥鬼怒温泉郷へいくぞ・・・と言っても実は八丁湯に
    30余年前に一度訪問し宿泊していたが、加仁湯、日
    DSCF0996光沢、手白沢には訪問してお
    らず、4湯入浴を果たすため
    に駐車場に到着したが手白
    沢温泉のみ日帰り入浴を行
    っていなかった。


    DSCF1021八丁湯、加仁湯、日光澤温泉
    まで辿り着いたが、未だ入浴
    時間まで40分もあり鬼怒沼ま
    での情報収集を始めた。



    DSCF1020往復5時間、行程6km、登山道
    には残雪はあるもののアイゼン
    無くても大丈夫と奥様から承諾
    を受け決行を決意し登山届を
    書き入れた。


    DSCF10228:32 宿の裏山へと登っていく
    と温泉神社があり安全祈願も
    果たし本格的に山行開始。
    片道6kmか、2時間で辿り着き
    たいな。


    DSCF1023
    看板に行程時間が書いてあり
    往路2時間半、復路2時間。
    片道6kmで2時間半はいやに
    ゆっくりとしたペースだな・・・と
    思っていたら直ぐに急登の連

    DSCF1024続道が始まった。 9:07
    お!ヒナタオソロシノ滝が見える
    が登山道は厳しいほどの急登
    だが、木立の中で日射しが遮ら
    れているのは助かる。


    DSCF10251時間後に橋のない大きな沢を
    石渡で越えると登山道が緩やか
    になりそれと同時に雪が現れた。
    すると雪解け水が登山道を流れ
    下り足元が緩む。


    DSCF1026さらに進むと登山道を全て雪が
    覆い行き先が解らなくなる。昨
    夜の雨で先人達の足跡は溶け
    去り、今日はと言えば拙者が、
    先頭だった。目を凝らしながら
    ピンクのテープを探す有様。

    DSCF1033足跡が確認出来ない今、時には
    とても頼りになるのが目印ですが
    、盲目的に目印を追って歩くのは
    危険なことがあるのは解っている
    が時折現れる鬼怒沼までの看板
    を見られるとほっとする自分がそ

    こにはいた。
    更に雪は増し時に雪渓から膝まで潜ることもありより
    慎重な足運びに難儀した。

    DSCF102710:35 日本一高所にある湿原の
    鬼怒沼に到着。
    入浴後に宿の主に聞いた話だが、
    昨日は雪が舞ったという鬼怒沼は
    まだ早春の佇まい。コケ類などにも
    新芽が殆ど見られない。

    DSCF1028尾瀬沼よりも600mも高所にあり
    時期尚早だったかな。
    風を遮る物がない沼では、登る際に
    かいた汗に寒風が突き刺さり長居を
    許される雰囲気ではなかった。


    DSCF1030
    唯一茶色の世界に黄色を見つけ
    たが、風に負けていた。




    DSCF1029DSCF1031奥鬼怒山に
    は登らず下
    山を決めた




    DSCF103210:43 下山開始
    雪に足を取られ登り以上に苦労し
    た下山道だが、雪が無くなれば
    すいすい距離を伸ばした。



    DSCF1034
    11:53 日光沢温泉到着

    温泉で汗を流し家路へと再出発を
    果たした。


    最後に 八丁湯、加仁湯の姿にガッカリした。
    秘境の地にふさわしい宿舎とは?
    近代的な宿舎を登山客は望んでいるのかな 
    山小屋風では駄目なのかな
    また 1枚の布団に2-3名で寝るのも嫌だが、ここは秘境
    の地、秘境地に相応しい宿でだれも文句言う人はいない
    と思うのだが。と勝手なことを書いたが山小屋風では経
    営するの大変だったりもするのかな








    記事検索
    Amazonライブリンク
    プロフィール

    toyotaboxy

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ