toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

鹿教湯温泉 文殊の湯

2018.7.14

3連休を利用して信州長野へキャンプへ行くぞ!
先ずは第一目的地 国宝松本城に向けて車を走らせるだけ
じゃ詰まらない。温泉寄るぞ・・・で寄り道したは、上田市にあ
る霊泉寺温泉。高温注意報の出ている今、温泉日和とは真
逆だが、やっぱり温泉は外せない。

さあ次行こうで立ち寄ったは、鹿教湯温泉文殊の湯。
DSCF1294ここ鹿教湯温泉には2つの共同湯が存
在し、その一つの高梨共同湯には、今
まで2度入浴している2012.1.8 2017.
9.23
が、この文殊の湯には未入浴であ
った為今回立ち寄った。


DSCF1297文殊の湯 地図 湯端通 りを歩き五台
橋のたもとあるのが文殊の湯。
まだ真新しい湯舎には、違和感を感じる
が、入浴しよう。



DSCF1298この時間帯は無人の湯。自販機で入浴
券を購入し投入箱に入れるシステム。





DSCF1299泉質は鹿教湯温泉内全て同じ湯の単
純泉。5つある源泉から湯を混合し、各
旅館やホテルへと配湯されている。
この時間入浴客は居ず独占の湯となっ
たが、内湯には浸からず露天風呂へ
移動。

DSCF1300内村川に面し緑を愛でながらの入浴を
楽しめる筈だったが、日射しが強すぎ
て眩しくてリラックスどころかストレスを
感じちゃう。
内湯に戻ろう。


DSCF1302とはいえ、躰を洗うための入浴ではなく、
どちらかと言えばリラックスか休息を求
めるが、内湯では視覚からのリラックス
度は全くと言って無い。こんな湯なら長
居は無用で上がってしまった。


DSCF1303
だが、内村川沿いは楓の名所。秋の紅
葉シーズンには、燃えるような赤を楽し
みには、来てみたいと思っうが、入浴だ
けなら鄙びた高梨共同湯の方が拙者に
は合う。

DSCF1304DSCF1305DSCF1306




長野県上田市 大塩温泉共同湯 再訪

2018.7.14

3連休を利用して信州長野へキャンプへ行くぞ!
先ずは第一目的地 国宝松本城に向けて車を走らせるだけ
じゃ詰まらない。温泉寄るぞ・・・で寄り道したは、上田市にあ
る霊泉寺温泉。高温注意報の出ている今、温泉日和とは真
逆だが、やっぱり温泉は外せない。

DSCF1289もう一軒行くぞーで着いたは、大塩温
泉共同湯。この湯も2012.1.8に入浴し
ていたが、詳細を覚えていなかった為
辿り着いたが開湯前であった。



DSCF1290営業時間は、14時からだったのか。
予習をすれば防げたが、あまり気落ち
するような性格でもない。ダメなら次に
行くだけと割り切っていた。

何々 15時までは源泉のままの湯で入
浴出来たのには、悔いが残った。
この熱空のこの日、微温湯の湯に浸かりたかった。




傷の湯 霊泉寺温泉共同湯 再訪

2018.7.14

3連休を利用して信州長野へキャンプへ行くぞ!
先ずは第一目的地 国宝松本城に向けて車を走らせるだけ
じゃ詰まらない。温泉寄るぞ・・・で寄り道したは、上田市にあ
る霊泉寺温泉。
DSCF1282
ここには、2012.1.8に初入浴していた。
それにしてもここも今日は暑い。暑い中
温泉に浸かるのもちょっと辛いが、運転
休息の為寄っていこう。


DSCF1283入浴料200円 と6年前の記憶はないが
価格は当時のままだと思う。
200円で入浴出来ることに感謝だね
さあ お金を払い入浴しよう。



DSCF1284自販機で入浴券を購入する無人の湯か
と思ったら管理人が常駐していたが、来
客数×入浴料では人件費を賄うのも辛い
のではないだろうか。



DSCF12856年ぶりの入館にそうそう昔の記憶が徐
々に蘇ってくるんだ。
それにしても浴室の熱さにめげそうにな
った。換気扇が廻っていたが、浴室内に
熱がこもり湯温42℃の湯に長く浸かって
いられない。

DSCF1286俗に言う “傷の湯”でもある湯だが、そそ
くさとこの湯を後にしていた。
やっぱり湯巡りは、春、秋、冬がいいかな


JR後閑駅 

2018.6.23
谷川岳にリベンジしたいが、山の天気に好評な「てんきとくらす
」を豆にチェックするが、梅雨期とあって天候が安定しない。
DSCF122122日になってやっと雨マークが17-18時
のみと替わり、‘明朝5時頃から登れば昼
頃までに戻ってこられそうだ’で、急遽決
行を決めた。
おかげさまで無事山頂を極め下山出来
たが歩けないほどの膝痛で温泉でさえ

DSCF1244寄ることを諦めたほどだった。
だが、平面にトイレが有ることに掛け、
JR後閑駅に立ち寄った。 地図

以前、水上駅を訪問した際SLみなかみ
の記事を書き込んだ際後閑駅に停車
する・・・と言うことも知り後閑駅に立ち寄ってみたかったにも
ある。

DSCF1245みなかみ町中心部にある駅にもかかわ
らず無人駅になっていたとは驚いた。そ
りゃSLみなかみはこの小さな駅に静態
保存されていた経緯から必ず停車する
駅なのに無人駅とは。


DSCF1246平面にトイレがあり無事済ませついでに
顔や腕の汗も洗え少しは気分転換出来
た。それにしてもこの駅には、燕が多く巣
を作っており沢山の雛が巣から顔を見せ
ていたのには痛さを忘れ見入ってしまっ
た。

この頃から雨脚が強くなり家に着くまで降り続いていた。

湯テルメ・谷川 登山後足痛で入浴出来ず

2018.6.23
谷川岳にリベンジしたいが、山の天気に好評な「てんきとくらす
」を豆にチェックするが、梅雨期とあって天候が安定しない。
DSCF122122日になってやっと雨マークが17-18時
のみと替わり、‘明朝5時頃から登れば昼
頃までに戻ってこられそうだ’で、急遽決
行を決めた。
おかげさまで無事山頂を極め下山出来、
温泉で汗を流したくみなかみ町営湯テル

DSCF1243メ・谷川にやって来た。 地図

だが、登山に於いてここまでの激痛が現
れたのは、谷川岳が始めてだ。アクセル
からブレーキの踏み替えでも痛いもんだ
から歩くのも厳しい。まして服を脱ぐのも
辛いはずだ。

更に筋肉痛に暖める治療は良くないということから入浴を諦めた。

その後のキャンプするという予定も諦め帰路に向かうことにした。

谷川岳山岳資料館は昔の登山道具が見られて面白い

2018.6.23
谷川岳にリベンジしたいが、山の天気に好評な「てんきとくらす
」を豆にチェックするが、梅雨期とあって天候が安定しない。
IMG-016722日になってやっと雨マークが17-18時のみと替
わり、‘明朝5時頃から登れば昼頃までに戻ってこ
られそうだ’で、急遽決行を決めた。

無事山頂を極め下山出来た。
往路の際に未だ締まっていた谷川岳山岳資料館

DSCF1239に寄り道することにした。

谷川岳にかかわらず山岳資料・登山資
材などを展示している無料の施設。



DSCF1237エントランスに置いてあるのは昔のザック
足が痛くて担げないが、40kgあるそうだ。
白馬岳や北岳の際には約18kgを背負い
登山してバテたがその倍の荷物を背負い
登山していたなんて昔の人は凄かった。


DSCF1235DSCF1236谷川岳、一ノ倉沢
の写真・資料展示





DSCF1238これは一ノ倉沢用の登山資材。
ピッケル、カラビナ、ロープ・・・

詳しく見たかったが足が痛く、早く車に
乗って足を休めたいが本音だった。
でも昔の登山道具と今の登山道具比
較が出来て面白かった。

2018.6.23 谷川岳登山

2018.6.23
谷川岳にリベンジしたいが、山の天気に好評な「てんきとくらす
」を豆にチェックするが、梅雨期とあって天候が安定しない。
IMG-016722日になってやっと雨マークが17-18時のみと替
わり、‘明朝5時頃から登れば昼頃までに戻ってこ
られそうだ’で、急遽決行を決めた。

車は、白毛門登山口駐車場に駐め西黒尾根登山
道にて谷川岳山頂を目指す。

DSCF1204谷川岳はロープウエイを使った比較的簡
単に登頂出来るが、拙者は西黒尾根ル
ートで登頂を目指す。
前日に谷川岳登山指導センターに天気と
登山道について電話すると‘西黒尾根ル
ートは、とても滑りやすく雨が降ると危険。

DSCF1205更に鎖場が数カ所あり最短ルートなかん
ずく急勾配が続く・・・’
ならば 早朝出発し昼頃までには下山し
ようと決め登山開始、山頂まで3.7km 4
時間、9時頃までには着きたい
 4:58

DSCF1206DSCF1207早速の急登の連続。
初めての標識が現
れた。 5:47
その後も樹林帯の
中約1時間延々と
進む

DSCF12086:29
登山開始から1時間半後急に視界が開け
た。谷川岳天神平スキー場全景が丸見え、
このスキー場には若い頃何度となく訪れ
早い年だと11月下旬にシーズンインし、
初滑りを楽しんだものだが近年は訪問し
ていない。

DSCF1209すると最初の鎖場が出現。 6:34
今にして思えばここが樹林帯最後の地でもあり難
所の「ラクダの背」の始まりでもあった。
ここから始まる鎖場の岩は、皆つるつるに磨かれ?
岩が濡れているときは、特に危険であり早急な階
段設置をして欲しいと願う。

DSCF1210DSCF12116:54 ラクダの背標
識に到着。これから
も続く急登の連続路
にややうんざりする
も尾根を吹き抜ける
涼風に癒される。

DSCF12126:58 巌剛新道との分岐点に到着。
これでラクダの背難所を通過。
巌剛新道(がんごうしんどう)とは、マチガ
沢沿いの平坦な道を上る引き替えにこの
分岐点手前に待つ急登の連続道は西黒
の急登を凌ぐ勾配がある。因みに谷川岳
は日本一の急登の山とも言われる。

DSCF1213DSCF12327:44 ザンゲ岩
ここの急斜面も辛い。
ザンゲする暇もない
ほど追いつめられて
いく。


DSCF12147:57 肩の小屋手前に残る雪渓。アイゼン
なしで楽々進める。





DSCF12157:59
肩の小屋付近にある道しるべ





DSCF12168:05 谷川岳トマノ耳 到着
1963m 別名薬師岳とも言う
3時間で登頂成功。ああ疲れた。




DSCF1217さすがに山頂は涼しいを通り越してじっ
としていると寒いくらいだ。
もう一つの耳オキノ耳へ行こう。




DSCF1218登山道に突如現れた黒いホース。
肩の小屋に由来の物と思われるが、飲
料水なのか 不明であった。




DSCF1219そのホースを辿るとマチガ沢谷底方面へ
伸びていく。肩の小屋配水管をわざわざ
100mもこの地へ延ばす意味が解らない。
上水道を山頂まで上げることなど出来な
い。何だろう?


DSCF12208:20 オキノ耳到着。
この頃からガスが出始めた。天気が崩れ
るのかな。夕刻からは下界でも小雨が降
る予報。記念撮影し下山を急ごう。



DSCF1221オキノ耳 1977m
別名谷川富士と呼ばれていたが、国土地
理院
の標記ミスで、それ以来トマ・オキの
二つ耳が谷川岳と呼ばれるようになってし
まった。


DSCF1222DSCF1223チングルマ






DSCF1231復路 肩の小屋へちょっと寄り道。
山頂(トマの耳)のすぐ下にある山小屋
肩の小屋」です。
避難小屋を改装し有人山小屋にしたた
め定員40名ととても小さな山小屋。


DSCF1225早速入り口から中へ入ってみよう。
写真撮影の承諾を得て撮影させて頂い
た。




DSCF1226DSCF1227DSCF1228






DSCF1229有料トイレ 100円はポッチャントイレ。
やはりここの小屋には水場がなく、水は
大変貴重。
キャンプ場無し。



さあ下山開始しよう。山頂で同じになった人は、下山はロープウ
エイで帰ると言うが拙者は敢えて同じ西黒尾根ルートで下山。
でも西黒尾根ルートは、下山の難易度が高く初心者には不向き
であるため、注意を必要と言われいる。
8:48

DSCF1233歩き始めて直ぐに膝に痛みが出てきた。
登頂時急ぎ過ぎ為だろう。ストックを使い
ショックを掛けないようにやっとの事でこ
こまで下山したが、1時間46分も掛かり
この辺りから足を引きずるようになって
いた。

DSCF123411:13 登山口に大袈裟ながら命からが
ら辿り着いた。
復路 2時間25分 往復約6時間の行程
であった。

雨にも降られず無事登山を終えたが、

日本一急登と言われる谷川岳はきつかった。



谷川岳 西黒尾根登山 序章

2018.6.23

谷川岳にリベンジしたいが、山の天気に好評な「てんきとくらす
」を豆にチェックするが、梅雨期とあって天候が安定しない。
IMG-016722日になってやっと雨マークが17-18時のみと替
わり、‘明朝5時頃から登れば昼頃までに戻ってこ
られそうだ’で、急遽決行を決めた。

車は、白毛門登山口駐車場に駐め西黒尾根登山
道にて谷川岳山頂を目指す。

DSCF1195この白毛門登山口駐車場は、砂利敷きで
およそ50台は駐められるスペースがある。
4:30現在15台の車が駐められていた。
拙者は、ロープウエイを使わない、いやロ
ープウエイ駐車代千円を節約したく此処を
利用し西黒尾根登山口まで1100mを歩く

DSCF1196ことにした。
場所は、国道291号は上越線土合駅を通
過しその踏切を渡ってまもなく湯檜曽川に
架かる橋手前を右に折れ入った先にある。
国道には、MAX土合ベースというラフティン
グを営む会社がある。

DSCF1241因みに土合駅から登山口までは1500m20
分の行程。
東京方面からの長岡行き一番列車8:34着
は、長い階段を登るのに20分要し9:13発の
ロープウエイ行バスに接続出来る。


DSCF11984:30 身支度を整え出発だ。
歩き始めるとスノーシェルター出口脇(地図
にも駐車スペースがあり此処も利用出来そ
うだ。更にスキーシーズンの臨時駐車場
地図)にも往路時はゼロだったが、復路時
には10数台の車が駐められていた。

DSCF1199スノーシェルター脇の駐車スペースは、谷川
岳霊園地利用者用だが駐めても問題なし。





DSCF12004:46 ロープウエイ到着
舗装路を歩くため容易にあるくことが出来た。





DSCF1201DSCF12024:48

谷川岳山岳資料館
到着



DSCF1203
4:52谷川岳登山指導センター
登山届を提出しさあ登山開始だ




DSCF12044:57

西黒尾根登山口到着

いでいやきそば店でいもフライ購入

2018.6.10

温川キャンプ場へ出掛けたが、夜半から雨に降られた、
さあ今日日曜日は温泉巡って家へ帰ろうと言っても全て
のスケジュール終了。最後は佐野のいもフライを買って

DSCF1192帰ろうで、立ち寄ったは、いでい焼
きそば店 地図

此処に訪れるのは2度目だが、初
回の記録がない。いつもは江原商
店に立ち寄るが日曜は定休日で、

DSCF1193いでい焼きそば店へやって来た。
キャンプ場の朝食がヘビーで未だ
昼食も食べていない為これが実質
昼食となった。
いもフライ 1本 90円


DSCF1194揚げたては、特に美味しい。
ジャガイモに衣を付けた素朴なもの
だけどこれが旨いんだ。
そして量もあり満足満足。

尻焼温泉 1/23噴火後激熱の湯に変わっていた

2018.6.10

温川キャンプ場へ出掛けたが、夜半から雨に降られた、
DSCF1188さあ今日日曜日は温泉巡って家へ帰ろ
う。
次は、尻焼温泉だ。
ここは家からも近いと言っても他の野天
湯に比べれば近いがそれでも200kmは
あり近くないか。

DSCF1189それでも最近よく訪れる。直近は
2017.9.24で次は2017.9.17。初回は
2010.10.16であった。
今日のこの湯は沢山の人が訪れていた
が屋根付きの内湯には誰も浸かってい
なかった。

では、内湯から入ろうとしたら熱くて入浴出来る湯温じゃない。
そんな訳だから誰も入浴していないんだ。
ましてここには加水出来る水道さえない。
DSCF1190
仕方なし川湯へ浸かるも今日はいつも
と違って湯温が高い。どうしたって言う
んだ。こんなに熱い湯は初めてのこと
だ。


DSCF1191今年の1月23日草津白根山近くで噴火
した影響なのか、噴火後ここに初めて
訪れこの変わりように影響がないとは
考えにくかった。
熱いので短時間の入浴となってしまっ
たが、連れ曰く今回の旅行で一番素晴
らしかったと言われ主催者として嬉しかった。















草津温泉 関の湯 日本一小さな共同湯

2018.6.10

温川キャンプ場へ出掛けたが、夜半から雨に降られた、
DSCF1173さあ今日日曜日は温泉巡って家へ帰ろ
う。

次行こうと歩き出すと足元に可愛いマン
ホールを見つけた。

マンホール蓋考察
草津町下水道、草津温泉名物ゆもみをするマスコットゆもみち
ゃんを中央に雪・愛・LOVE・草津とデザインされている。

無料でまんじゅう1個貰える「元祖温泉饅頭 長寿店」 地図
画像こそ無いが、できたての饅頭は美味しかった。ご馳走様。

本業に戻ろう
DSCF1178日本一小さな公衆浴場と言われる。
関の湯 地図
ここは以前にも入浴しているが連れの
二人に日本一小さな公衆浴場を体験さ
せたく訪問した。
幸い誰も入浴して居らず、まず湯の蛇

IMG-3933口をひねり湯を止め、加水開始。
さすがに他の客がいると出来ないが、貸し切り
のこの湯だから出来ることでもあった。湯温40℃
位まで下がり3人も入れば満員の湯に浸かり、
やっと自身の適温の湯に浸かることが出来たら
しくご満悦のようだ。

DSCF1174そこで記念撮影をすることにした。
残り少ない人生の思い出になったかな。
この湯は湯畑が源泉で、湯温も決して
楽に入れるレベルじゃない。思いっきり
加水して入るのは好きじゃないが、たま
にはこういうのもいいかな。

DSCF1175老人会のお二人。
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏





DSCF1179再び湯をだし、加水を止め元の状態に
戻しここを後にした。
観光客が余り来ない湯だから出来る入
浴方法であった。



DSCF1177草津温泉感謝祭のポスター
こんなイベントあったんだ。

第73回草津温泉感謝祭

2018年8月1日(水)・2日(木)

温泉街が一年で最も活気づくのが、湯畑特設舞台をメインに開催される、通称「温泉感謝祭」の2日間。土用の丑の日、丑の刻に入湯する事により、以後一年の無病息災を願ったという故事にちなみ開かれ、その後、温泉への感謝へと形を変えて現代に至っているものです。

町民の中から選ばれた、女神・巫子・白丁による「源泉お汲み合わせの儀」「源泉分湯の儀」「献湯」は、華やかな中にも厳かさが漂い、温泉町ならではの情緒が味わえます。(毎年8月1日・2日開催)
※2018年 NHKふれあい歌謡ステージの詳細はこちらをご確認下さい。



↓下記↓は昨年の情報です。
交通規制のお知らせはこちらをご覧下さい。

■プログラム
(主会場:湯畑仮設舞台)

8月1日(火)【交通規制 18:00~22:00】
18:45 湯善神参拝
19:00 上州草津温泉噴火太鼓・草津踊り
20:45 草津温泉感謝祭式典「女神降臨」
「源泉お汲み合わせの儀」「女神源泉分湯の儀」
女神主要浴場「献湯」~地蔵の湯

8月2日(水)【交通規制 18:00~22:00】
13:00 女神各地区浴場「献湯」
19:00 草津踊り
20:00 女神主要浴場「献湯」/役場前出発 白旗の湯 ⇒ 熱乃湯 ⇒ 千代の湯
※熱乃湯献湯後「湯もみ保存会」による湯もみの披露(熱乃湯にて一般公開いたします、お楽しみ下さい。)
※熱乃湯献湯後「上州草津温泉噴火太鼓」演奏(湯畑仮設舞台)

21:00 草津温泉感謝祭フィナーレ「女神昇天」
21:40 手花火



草津温泉 熱乃湯 湯揉みSHOW

2018.6.10

温川キャンプ場へ出掛けたが、夜半から雨に降られた、
DSCF1180さあ今日日曜日は温泉巡って家へ帰ろ
う。

熱乃湯 地図



DSCF1171今入浴した白旗の湯隣は「熱乃湯」
草津にはもう30回近く訪問しているが、
未だ『ゆもみ』を見ていなかったし体験
したこともなかったの今回見物すること
に決めたが、9:30が始まったばかりで
タイミングが悪く10:00まで徘徊するこ
              とにした。

DSCF1181
草津名物湯揉みと踊りが楽しめる施設
だが、確かに湯揉みは見ておきたかっ
たが踊りは今一だった。これで600円は
納得いかないな。


DSCF1182でも長く見ていると飽きる。
これではやっぱり催し物だけであり実際
に温度が下がった実証をして欲しかった。
湯揉み前と後で温度測り最後は入浴して
欲しかった。


DSCF1183すると観客も実演出来るとのアナウンスが
あり早速並ぶことにした。





P6100967P6100970DSCF1184





参加賞を頂いたが、誰が5回も参加するんだ。
これでお終いかと思ったら最後の湯揉みが始まった。
DSCF1185
最後は派手に湯を蹴飛ばし迫力満点だが
やはりもう一つ見せ物がない。
実際に入浴することが出来るイベントが欲
しいな。




草津温泉 白旗の湯

2018.6.10

温川キャンプ場へ出掛けたが、夜半から雨に降られた、
さあ今日日曜日は温泉巡って家へ帰ろう。

草津温泉へ行こう。
車は最近出来た町営駐車場に駐めて観光開始だ。
駐車場 地図 2時間500円

DSCF1165湯路広場 地図
昔の湯畑駐車場があった跡地に作った
施設。
イベントが開かれる広場として利用され
ている。真冬のキャンドル点灯時はとて
も綺麗。

DSCF1166小雨に煙る草津温泉。観光客も疎ら。
開設まもなくに入浴していた御座之湯も
寂しそう。当時の記事




DSCF1167草津温泉公共浴場のシンボル湯、白旗
の湯 地図
シンボル湯と言うだけあっていつも賑わっ
ていてゆっくり入浴出来ないのが難点。



DSCF1169勿論白旗源泉の湯は特に熱い。
熱くて熱くて入ってられないが、何故か寄っ
てしまう不思議な施設。
水道の施設がなくポリバケツに源泉を汲ん
でおき冷めた時を狙い湯船に投入し湯温を
下げるんだ。入り口から右のこの湯は特に
              熱い。

DSCF1170源泉を使った湯温下げは温泉成分を薄め
ずに理にかなった方法であり、長年湯巡りを
していたが今日ほど目から鱗が落ちた瞬間
はなかった。
高温に強い拙者は楽々入浴できたが、連れ
の二人は、この方法でやっと肩まで入浴出来
              たが、茹で蛸になっていた。

積善館 岩の湯 混浴の湯

2018.6.9

またまたキャンプへ出掛けた。行き先は群馬県北部地方。
今 積善館元禄の湯に浸かり次は、地下にある混浴の湯
DSCF1138「岩風呂」へ移動だ。
木造の館内を歩き・・・だが、木造って
火が出たら回りが早そうで怖いね。
でもこんな宿だから座敷童がいそうだ
ね。


DSCF1137
午前5時から9時の間は女性専用時間





DSCF1135脱衣場こそ別だが、中はちゃんとした
混浴風呂。だがこの湯の源泉は新湯
川の川底?だとおもう。
やっぱり混浴の貴重な湯は、足元湧
出温泉であって欲しい。


DSCF1134野郎3人だけでは男湯だな。こんな叔
父さん3人の湯に浸かっていても面白
くない。
この後はキャンプ場に移動し今日最後
の湯とあって洗髪も始めていた。


BlogPaint姫のいない湯は詰まらない。

積善館 元禄の湯 大正浪漫漂う湯

2018.6.9

またまたキャンプへ出掛けた。行き先は群馬県北部地方。

DSCF1126次は、積善館の元禄の湯で入浴だ。
ここも入浴料が千円もかかるためおいそ
れと入浴出来ないが、連れの二人が未
入浴のため敢えてやって来た。
地図
ジブリ映画の千と千尋の神隠しのモデル

DSCF1127になったとも言われる宿の湯へ行こう。
何々 入浴料が1200円に値上がりして
いる。




DSCF1128ここに来ていつも驚くのは、土足のまま
上がってもいいことだ。本当気が引ける。
入浴料を払い温泉へ行こう。




DSCF1129DSCF1130どうだ凄いだろ。
こんな湯見たこと
無いだろう。
でも全て同じ湯の
ところが残念。
全てが違う湯だっ

たのなら温泉のテーマパークだったね
DSCF1131以前利用した天然サウナは、今日は熱
い。以前の時は元栓を閉じていたんだ
ね。今日は中に入ったが5分もしないで
汗だくになった。入室前に湯を撒いたた
めより湿度が上がってミストサウナ状態
だった。

DSCF1133さすがに今日みたいな日にサウナは辛
い!ダメだ我慢出来ない。
以前掛け湯が入れると思った浴槽は、
サウナ後に掛ける水を入れておく物だっ
た。


BlogPaint昔の諺です
頭隠して尻隠さず
「頭隠して尻隠さず」を英語で言うと
「That's behaving like an ostrich.」となります。
、「自分の悪事や欠点の一部分を隠して、全て
を隠したつもりになっている様子
」という意味があります。
ここでの画像は、尻にもスタンプで隠さないとと書類送検に成っ
ちゃいます。

四万温泉 無料の湯 河原の湯

2018.6.9

またまたキャンプへ出掛けた。行き先は群馬県北部地方。

DSCF1125次は、四万温泉河原の湯 地図
現在3つある無料の共同湯に一つ
だが、入浴時間が短いのが難だ。
朝9時から夕刻15時まで
さあ入浴しよう


DSCF1124この湯いつも激熱で有名だが今日は
どうかな・・・。やっぱり今日も激熱の
湯が蕩々と注ぎ込まれ湯船の中は
激熱となっていた。
拙者は何とか入浴を果たせたが、相
棒二人は完全入浴とは行かなかった。

さあ 気を改めて次行こう。積善館元禄の湯へ行こう。

岡村うどん店は一見様価格の店 みなかみ町

2018.6.9

またまたキャンプへ出掛けた。行き先は群馬県北部地方。

DSCF1120法師温泉に浸かりおなかが空いたため
往路に見たうどん店に入ることにした。
ここは、岡本うどん店 地図




DSCF1122上州豚肉つけうどん 970円
確かに肉は旨かったが、うどんに腰が弱
くのどごしに不満。それよりこれで970円
は、ぼったくり料金。
街道筋にあって一見様価格。


DSCF1121だからお昼というのに客がいない。
見た目から言って600円くらいが妥当な
ところ。このような商売しているとお店に
繁盛はないね



DSCF1123

法師温泉混浴の湯入浴記

2018.6.9

またまたキャンプへ出掛けた。行き先は群馬県北部地方。

DSCF1114先ずは混浴温泉入浴。
ここは群馬県北部にある法師温泉
長寿館 地図

ここは度々訪問する大好きな湯でもあっ
た。

DSCF1115今回の旅行は、3人旅だが二人は未入
湯の混浴温泉と言うこともありスケジュ
ールに組み入れた。日帰り入浴時間は
10:30開始。5分前に到着していたが、
駐車場には大型バスが駐まっておりこ
の客も入浴待ちなのか?

DSCF111610:30 入浴料1000円を払い浴室に行
けば、バスの団体客で大混雑の湯に成
っていた。
バスツアーは、上州名湯5湯巡り2泊3日
75000円だって 高いね


DSCF11174つある浴槽の女脱衣場に一番近い湯に
ツアーのお姉さんと言っても皆60才以上
の8名が入浴しワイワイガヤガヤ五月蠅い。
いつもの静かな浴室に似合わない光景
にうんざり。


DSCF1118お姉さんが出て行くといつもの静かな法師
乃湯に戻った。すると今度は20代の女性
が登場拍手喝采はないが、男性陣は皆喜
んだろう。
このお姉さんがまた大胆だった。
これぞ混浴温泉の楽しみの一つである。

DSCF1119混浴温泉に入浴すると精気を貰えるきがす
るが、今回は特に恩恵が凄かった。
ご馳走様でした。









東吾妻町営温川キャンプ場

2018.6.9

東吾妻町営温川キャンプ場へやって来た。
日本は梅雨入りし更にはフィリッピン沖に台風が発生し
20180607173247この週末の天候が非常に危ういが、微かな
望みが叶い好転してきた。

よし!決行だ



DSCF1145温川キャンプ場(地図)に着いたが、
入り口に鎖が掛かったまま。管理人小屋
へ向かうが鍵が掛かり無人であった。
どうも役場と管理人の連絡ミスらしい
先に設営を許され場内へ入場。


DSCF1163程なくして管理人が現れてほっとした。
今日の利用者は我々だけの1グループで
あった。
町営と言うことだけあって料金は安かった。



DSCF1162この東吾妻町周辺は、真田幸村と岩櫃城が
縁あるらしい。上田市ばかりじゃないんだね。
管理人さんと長く話し込んでしまった。




DSCF1146
場内フィールドは良く整備されており何処
でも設営可能だが小川の手前炊事場近く
の木陰を選び設営開始。



DSCF1148多グループの時は人が集まることもある
炊事場近くは避けるべし。
屋根付き照明あり竈もあり薪料理も簡単
に出来る。



DSCF1160DSCF1161管理人小屋脇に公
衆トイレがあり設備
は、水洗仕様。利用
したがよく清掃され
ていて悪臭はなかっ
た。

DSCF1144食材調達は、中之条町にあったヤオコーに
て調達後ここにやってきたが、種類が豊富
で助かった。特にサムギョプサルに使う
サンチェも置いてあった。無いと困るので
地元で買って置いたが買わなくてもここで
調達出来たんだ

DSCF1159DSCF1158DSCF1149






DSCF1152DSCF1153釣り堀があったが魚
は泳いでいない。
恐らく必要な数を放流
し釣りをするシステム
だろう。


DSCF1147今宵の夕食は、韓国料理サムギョプサル。
この料理はキャンプ料理としては、簡単で野
菜も取れ参加者から好評を頂いた。
前回の酒鍋同様大満足で定番のメニュー
になりそうだ。


DSCF1150ちょっと早い夕食のため 辺りを徘徊するこ
とにした。場内に小川が流れ夏場子供達の
憩いの場になることだろう。



 
DSCF1151更にキャンプ場名の由来となった温川が
流れている。童心に返って葉っぱ流し競
争をして楽しんだ。子供が水遊びするに
はちょっと怖いかな



DSCF1155このキャンプ場は直火のたき火が可能で
早速火起こし開始。こういうのが意外と好
きで楽しい。ランタンも電池ではなく白ガ
スにこだわるのも灯りがもたらす暖かさ
・雰囲気が好きなんだ


DSCF1156最初の内は小枝だったが、そのうちに
太い枝をくべだした。食事中蚊のような
小虫が飛んでいたがたき火を始めると
いなくなりこれならもっと早く始めれば
良かった。


9時頃就寝

DSCF1157ところが11時頃にポツリポツリと雨が降
り出し、今回このキャンプ場貸し切り状態
だったため炊事場の屋根の下に潜り込ん
だ。
だが、雨だれの音が時としてうるさく、心地
の良い清流の音も寝ているときには時とし
て豪雨の音にも聞こえとても寝苦しかった。
更に コンクリの上は、日中の熱が蓄積して気温14℃まで冷え込
んだ外気温とは全く別で熱くて熱くてシェラフから出て寝る始末
だった。
結局 雨は終日降り続けた。天気予報が外れたが、幸いにして
貸し切りだったため炊事場の屋根で雨を凌げたがこの通りの天
気予報だったら中止していた。

IMG-3924朝食もこの炊事場の屋根の下で済ませることが出
来た。メニューは若鶏の塩麹焼きと餃子にポトフス
ープであった。

幸いにして屋根有るところへ逃げ込めて雨に濡れ
なかったが、もし屋根がなかったら後かたづけが
大変だっただろう。

もう一棟 屋根付きの調理場があり、U字溝が数個置いてあり
薪を使ったバーベキューも出来る。今回管理人さんから朝食は
ここで食べるといいよと言われたが、流し台まで15m離れてい
るため利用しなかったが、雨の際は重宝する。

入場料 1グループ1000円(1-30人まで)とテント一張1500円
(町外)は、昨今のオートキャンプ場より安いが、我々は一人
用テントのため予想以上に費用がかさんだ。
でもローケーションも良く観光地にも近く「お気に入り」に入れ
ておこう。

群馬県立赤城公園キャンプ場 無料のキャンプ場

2018.5.26

谷川岳登山に出掛けたが、大事なものを忘れ登山断念する
事になってしまったが、登山代わりに日本一のもぐら駅と名
高いJR土合駅の地下駅まで潜ってきた。

DSCF1110今回最後の目的地に赤城大沼湖畔に
ある無料のキャンプ場で正式には、
県立赤城公園キャンプ場 地図




DSCF1108この無料キャンプ場も今日は、沢山の人
が利用していたが、奥利根水源の森キャ
ンプ場同様無料キャンプ場の人気は凄い。
確かに昨今のオートキャンプ場の利用料
金の高さに驚くばかりだ。1家族5千円超
が当たり前のご時世だ。

DSCF1109確かに5人家族で利用すれば安いが、
我々達の様にシングルテントで利用する
者にとって一テント5千円ではホテル泊ま
った方が快適で安眠出来る上後かたづけ
が入らないからホテルに泊まるよ。


DSCF1111炊事場があり飲水可能。昼間のため灯り
のチェックは出来なかったが、観光地故
外灯はたくさんあると思われる。
トイレは水洗だが、詰まりなどで男性用小
便器は使用不能となっていたが洋式便座
で用が足せた。

DSCF1112竈もあり屋根も付いてますから安心です。






DSCF1113これで4軒の無料キャンプ地を訪れたが、
いずれも合格点。是非利用してみたいと
ころばかりだった。
では、何故無料のキャンプ場にこだわる
のかと言えば先ほども書いたとおりまず
は、料金にあるが他にも持ち物の装備に

もある。よく見かける光景は豪華なRV車に大型テントとタープ、
BBQセットと我々の登山装備とは月とすっぽんであった。
だから余り見向きもされないと思っていた無料のキャンプに目を
付けたがだが、意外と人気があるのには驚いた。
でも 性分から言って無料のキャンプ場の方がいいかな。

DSCF1106これで今回の旅は終えるが、谷川岳には
早い内にリベンジするしキャンプはあと5
回くらいは行きたいな




DSCF1107淵名姫

「赤城姫・淵名姫」発表!

赤城山ブログ 2011.08.11(木)

平成23年8月6日(土)赤城山夏祭りイベントが開催されました。

あかぎ広場ステージで、第24代赤城姫・淵名姫の発表と引継式が行われました。

赤城山「赤城姫・淵名姫」にまつわる伝説にちなみ、赤城山夏祭り実行委員会の審査員会により選定されました。1年間、赤城の観光大使として活動して頂きます。


※赤城姫・淵名姫の伝説は「赤城山ポータルサイト」をご覧ください。







記事検索
Amazonライブリンク
プロフィール

toyotaboxy

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ